ドローン購入で年齢制限はあるの?誰でも規制無く買えるの?

ドローン購入で年齢制限はあるの?誰でも規制無く買えるの?

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

ドローンと聞くと「怖いもの」「取り扱いが難しい物」という印象を持っている方がいらっしゃると思います。

しかし興味のある方は「ドローンって購入制限はあるのかな?」と躊躇するかもしれませんね。

そこで、ドローン購入にあたって年齢制限があるのか?規制があるのか?をブログで紹介します。

SPONSOR

実質的に法律の年齢制限はナシ

ドローンが扱えるかどうかは、法律的には何も縛りはありません

これは他のホビーやスポーツと同じように、法律に縛られること無く、年齢関係なく誰でも購入でき飛行することが可能です。

上手い例えではありませんが、怪我のしやすく衝突事故の危険性のあるスキーでも3・4歳から滑られるのと同じですね。

ただし、航空法に引っかかる飛行の場合には、「飛行の知識」「天候の知識」などが申請時に必要になるため、理解が少ない子供には飛行NGになります。

ドローンの商品ごとに対象年齢は存在する

ドローンには2つの種類があるので、それぞれに分けて説明します。

1万円以下で購入できる200g未満のドローン

航空法の対象外である200g未満のドローンは、玩具と同ジャンルです。

おもちゃ売り場で売っているような、ラジコンと同じですね。

安全基準を玩具協会が定めており、各ドローンメーカーがどれに当てはまるのかで対象年齢は決まってきます。

一般的に、200g未満のドローンは対象年齢は14歳です。中学生以上が対象ということですね。

⇒参考:初心者向き!200g未満のドローン、1万円以下のオススメ5選。

ちなみにあくまで対象年齢なので、小学生がドローンを購入して飛行させても何もバツはありません。ただし安全面で考えたら、避けたほうがいいですね。

航空法の対象になる200g以上のドローン

数万円~十数万円になるドローンは、200g以上の中型機となります。有名なDJIのPhantomシリーズもこの部類ですね。

では対象年齢は何歳からでしょうか?

15歳以上は企業独自の基準となるため、それぞれのドローンメーカーによってきます。

例えば、Phantom3の対象年齢は18歳以上です。

これも前述のとおり、法の縛りはありません。しかし、中型機は凶器ともなり得るため、対象年齢もそうですが一般的な常識は持ちあわせた人のほうが、安全管理が取れると思います。

認識すべきは、鋭いプロペラと事件になりやすいこと

「対象年齢は意外と低いからプレゼントに・・・」と思われるかもしれませんが、認識すべきは2点。

まずは鋭いプロペラがあり、子供は怪我をしやすい&怪我をさせやすいということ。

また、ドローンがノーコントロール状態になって、電車・高速道路に落下したり、人の頭に直撃したりすると事件になります。

大きな危険性をはらんでいることを忘れてはいけませんね

あとがき

ドローンを購入するにあたって、法的な年齢制限はありません。

しかし怪我をさせてしまったり、事件を起こしてしまったら、子供でも嫌な記憶が染み付きます。

常識的な考えと、最適な判断ができるようになったら、ドローンを手に取るようにしたいですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#