Phantom3の送信機(リモコン)で、別のPhantom3にリンクする方法。

Phantom3の送信機(リモコン)で、別のPhantom3にリンクする方法。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

「今まで使っていた送信機(リモコン)を、別のPhantomに使いたい」

「送信機(リモコン)を無くして新しく購入したらから、使用していたPhantomと繋げたい」

そのような時に、Phantomと送信機(リモコン)を接続する作業が必要になってきます。

あまりネット上で解説ページがなかったので、今回ご紹介しますね。

SPONSOR

送信機とリンクさせないとコントロールできない

そもそもの話になってしまいますが、ドローン本機とリモートコントローラがあれば勝手に操縦できるというわけではありません。

例えば、Aというドローンと、Bというリモートコントローラがあったら、A←→Bとリンクすることによって初めて操縦できるようになるのです。

この作業があるからこそ、もし複数のドローンが同時に飛んでいたとしても、相手のドローンを乗っ取ることはないのですね。そのため、初めて購入する段階では、AとBはリンクされた状態でお手元に届いて、購入者の手間を省いているわけです。

とは言っても、

  • 送信機を入れ替えたい
  • 今まで利用していた送信機を使いたい
  • 送信機を無くしてしまった

という時に、新たにドローン本機とリモコンをリンクさせる必要が出てきてしまうのです。

Phantom3と送信機のリンク方法

ドローン本機と送信機との互換性があるというのが前提になってしまいますが・・・、同じPhantom3を使用している場合での送信機のリンク方法です。

Phantom3と送信機に電源を入れて、「送信機リンク」をタップする

送信機リンク

設定画面上で、まずはリモコンマークをタップして送信機のセッティング画面に移ります。

その一番下に「送信機リンク」とあるので、ここをタップしましょう。

リンクの確認画面

リンクの確認画面

周波数を確認しますか?と出てくるので、そのまま「OK」をタップします。

60秒以内にPhantomのリンクボタンを押す

ボタン

送信機からPPPPと音が60秒間鳴ります。

その間に、繋げたい(リンクしたい)Phantom3のジンバルの横にあるボタンを押します

ボールペンやクリップなど先が細いもので押してあげるとスムーズですね。ちなみに、ポチッと軽く1回で大丈夫です。

これで送信機とPhantom3とのリンクは完了です。

あとがき

意外と簡単ですよね。わずか1・2分で完了します

これであれば、1つのPhantomと2つの送信機で友人と交互に操縦をしたり、3・4台のPhantomを1つの送信機で対応することも出来たりしますね。

ちなみに、Phantom側のセッティング(例えば、最高高度など)はそのまま、送信機側のセッティング(例えば、モード1・2)はそのまま維持されるようになっています。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#