Phantom3のリモコンの簡単なファームウェアアップグレード方法

Phantom3のリモコンの簡単なファームウェアアップグレード方法

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

Phantom3を起動させると、セルフテストモジュールに「アップグレードが必要です」と出たままになっていませんか?

それは、ドローン機体もしくはリモートコントローラのソフトウェアの新しいバージョンが出ているお知らせです。

そのままアップグレードをしないでも利用可能ですが、トラブル回避や安全のためにファームウェアのアップグレードをオススメします。

特にリモコンのアップグレードは簡単なので、これを機に面倒臭がらずに・・・!

SPONSOR

ネットに繋がっていれば、すべてモニターで完結。

リモートコントローラのファームウェアアップグレード方法は、microSDを差し込むなどいろいろな方法があります。

しかし一番簡単なのは、ネットに繋がっているモニタ(タブレットやスマートフォン)で操作するです。

Phantom本機、リモートコントローラを起動して、DJI GO を開く

まず最初に、ネットに繋がる環境の場所(例えばご自宅)で飛行できる状態まで準備しましょう。

ここではプロペラの装着は不要です。

モニターでアップグレードを確認

リモコンでアップデートを確認

セルフテストモジュールという項目に、「アップグレードが必要です」と記載がある場合には、ここをタップします。

ファームウェアをネットからダウンロード

ダウンロード

すると「リモートコントローラは更新する必要があります」と出ていると思います。

wifiなどでネットに繋がっている状態にした上で、「ファームウェアをダウンロード」をタップします。

ダウンロード開始

ダウンロード開始

ダウンロードが開始するので、そのまましばらく待ちましょう。

今の段階は、ネット上から最新ファームウェアをタブレット・スマートフォンにダウンロードしています。

アップデート開始

アップデート

ダウンロードしたファームウェアを、次はリモートコントローラでアップグレードします。

開始と同時にPPPと機械音がなり、10分ほど時間がかかります。

アップグレード完了

完了

この画面になればアップグレードが完了です。

リモートコントローラを再起動するまでに、モニタ(タブレット・スマートフォン)に残っているファームウェアの元データを削除しましょう。こちらもタップ1つで完了です。

あとがき

microSDにファームウェアを入れたり、DJIの公式サイトで更新データを探したり、そのような手間は一切ありません。

リモートコントローラのファームウェアアップ(バージョンアップ)は簡単ですので、なるべく最新状態に保ちたいですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#