初めてドローンを見た人からの質問ランキング!ベスト5

初めてドローンを見た人からの質問ランキング!ベスト5

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

ドローン撮影をおこなっている最中に、いろんな人から質問を頂きます。

興味を持っていただいている証拠なのですが、その聞かれる質問のほとんどが同様のもの。

せっかくなので、初めてドローンを見た!という人の質問をランキングにして、よりドローンの理解が深まるようにブログにしますね。

SPONSOR

【第5位】 動力源は何なの?

ドローン自体、どういう風に飛んでいるのかは想像つかないものです。

そこまで多くはないのですが、「何で動いているの?」と動力源を聞かれることがありますね。

「ガソリンで飛んでいるの?」「爆発しないの?」などなど。そんなことを聞かれると、そう思っちゃいますよね。

解答例)電池ですよ!

一部のドローンではガソリンを使用していますが、普及しているドローン(マルチコプター)は、リチウムポリマー充電池を使用しています。

このリチウムポリマー電池の特徴は、高出力で小型・軽量だということ。

とにかく飛行時間を長くするために、軽量化させたいドローンにとっては最適な電池なのです。

【第4位】 どのくらい重いの?

ドローンと言っても大きさは多種多彩です。

メジャーなPhantomシリーズに限った話になりますが、「意外と小さいんですね」というのが最初の印象っぽいです。

さらに疑問が膨らむと「どのくらいの重さなんだろう?」ということ。軽そうに見えるし、重そうにも見える・・・。

解答例)Phantomシリーズは約1.3kgですよ!

Phantomというメジャーなドローンの場合は、バッテリーを含めて約1.3kgです。

片手でヒョイッと持ち運べる重さ。実際に持って頂くと「軽いのね!」という反応がほとんどですね。

【第3位】 どのくらい飛行時間なの?

 

どのくらいの時間を飛行できるのかも気になるようです。

「1時間くらい飛べるのかな?」という人もいれば、「5分くらいしか飛べないのかな?」という人もいますね。

ドローンは空飛ぶ機械。飛行時間は肝心要です。

解答例)約15~20分ですよ!

バッテリーの進歩、軽量化など様々な要素はありますが、1つのバッテリーで15分前後しか飛行できません

それでも2・3年前に比べると、格段に飛行時間は伸びたんですよね。

【第2位】 どのくらいの高さまで飛ぶの?

この2位以降は劇的に質問が多いですね。

「どこまでの高さまで浮上できるのか?」という質問です。ブンブンとドローンは飛びますが、未知の物体はどこまで高く飛行できるのか、小さい機体なら尚更気になってしまいますね。

解答例)機体の能力では500m、法律上は150mですよ!

Phantomシリーズで話を進めると、最高高度は500mまで浮上が可能です。500m以上は自動でストップがかかるので、実質的には機体の能力では500mが限界。

しかし航空法がある今は、150mがMAXの高度です。

以前にブログにしていたので、こちらもご参考に!

⇒参考:ドローンの最高高度は?どこまでの高さまで飛ぶのか?

【第1位】 どこまで飛ぶの?

まず最初に聞かれる質問がコレ!「どこまでの距離を飛べるのか?」という質問です。

どの範囲までドローンが飛べるのか、コントロールできるのか、知りたくなっちゃいますよね。

解答例)直線距離で2kmです!

Phantomシリーズでは、何も障害物などが一切ない状態で、2kmと公式アナウンスされています。

この回答をすると「マジでっ!!!!」と驚く人がほとんど。

そりゃ~そうですよ、操縦する人間だってこの距離にビックリしていますから

ただし気をつけないといけないのが、日本では目視内で飛行させるのがルールです。ほとんどは200m~300mほどなので、通常で考えると2kmまで飛行させることは99%ありません。

気象条件や電波状況など様々な要因で、2kmも飛行できないと思いますしね。

とは言っても、本当にスグレモノです!

あとがき

初めてドローンを見た!という人の質問ランキングでした。

ドローンに興味を持ってもらえるので、私も丁寧に応えるようにしています。

ドローンは厄介者!と思わずに、将来的に便利なツールになりえるはずです。プラスの印象を抱いてもらえるようにしたいですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#