これは可愛いドローン!Holy Stone HS170は室内で遊ぶには抜群なサイズ感!

これは可愛いドローン!Holy Stone HS170は室内で遊ぶには抜群なサイズ感!

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

日本の小さな室内(6畳位)で遊べるドローンはないものか・・・と思って、Holy Stone HS170を購入してみました。

ちょうど手のひらサイズのミニドローンである「マルチコプター HS170」の、個人的な評判・レビュー、さらに飛行中の動画もアップしてみます。

安定感もありつつ、頑張っている感が満載で、とにかくカワイイ!室内で遊ぶには丁度良いサイズのドローンです。

SPONSOR

Holy Stone HS170のお値段は5000円弱。

小さめな箱

Amazonでそこそこの販売数とレビュー数がある「マルチコプター HS170」。

ミニドローンながら、なんとAmazonで購入すると5000円弱で買えてしまうトイドローンです。

到着してビックリしたのが、コンパクトな外箱。

「こんな小さい箱のなかに、ドローンが収まっているの?」と心配になってしまうくらいです。

ちなみに、大きさを計るためにハサミを置いてみました。

箱を開けて、お披露目!

箱を開けてみると

なんともキレイに収まっている!この透明感(クリア感)がなんとも言えません。

浮き上がる HS170の機体

見ているだけでもワクワクしてしまいます。

無駄のない作り

箱から取り出したのですが、なんとも無駄のない作りだということが分かります。

できる限り軽量化させているのか、この小さな機体に収めるには最小限のつくりですね。

例えば、機体に電源のON・OFFのスイッチはなく、バッテリーのコードを繋げればON、コードを外せばOFFというシンプルなつくりです。

ドローンの足

個人的に、「ここはすごい!」と思ったのが各プロペラ下にある”足”です。

ドローンを着陸する時に生じるのが衝撃です。ソーっと着地させれば問題ないのですが、ドンっと着陸してしまうと、モーターや機体全体にダメージが加わります。

でもHS170に限って言えば、衝撃を吸収できるような足の作りになっています。(強い衝撃が加わって折れる可能性もありますが・・・)

これはなんとも言えない配慮がありますね。

サイズ

サイズ感が分かるように、手で持ってみました。

まさに手のひらサイズのミニドローンです。ちょっと大きめのポケットがあれば、すっぽりと入ってしまうサイズ。

付属品は・・・

ここでは、ちょっとした付属品も紹介します。

リモコンには単三電池6本が必要

リモコン

リモコンですが、裏面のバッテリーカバーをパカっと開けると、なんと単三電池が6本も必要です。

購入時には付属していないので、一緒に買っておくのを忘れずに!アルカリ電池でもマンガン電池でも、1.5Vあれば大丈夫です。

日本語マニュアル付き

マニュアルは日本語

マニュアルは日本語も解説されています。

フライトのはじめ方や、スティックの操作方法など。一応写真とイラストがあるので、ギリギリ理解できそうな感じですね。

予備のプロペラ

予備のプロペラ

プロペラが壊れた場合に、予備のプロペラが4つあります。

あんまり壊したくはありませんが、それでもちょっとは安心しますね。

充電池と充電器は1つずつ

バッテリー

充電池(バッテリー)と充電器は1つずつです。

1つだと心寂しいので、もう少し遊びたいと思う人はバッテリーの追加購入をするのもいいですね。

でも、バッテリーが高いですねぇ・・・。もうちょい安いと買いやすいんですけど、本体が安い分、仕方ないですね。

充電完了

ちなみに充電する時、充電完了=満充電すると、USB接続の箇所が赤く点灯します。

赤点灯は充電中ではないので、気をつけてくださいね。

実際のHS170の飛行動画を公開

動画はカメラを固定させた状態でグリングリンと飛び回らせてたのですが、非常にカワイイです!

小さいドローンなのに、一生懸命飛んでいる姿がなんとも言えません。

ドローンの飛行音はハチに似たような音がするのですが、このHS170は蚊の飛ぶような飛行音です。

意外と機動力もあるんですよね。

飛行させて感じたメリット

それは日本の室内サイズに、ちょうど良いサイズということ。

機体が小さいので、6畳の部屋でも旋回ができたり、ブンブンと飛び回れます。

もう少し大きい、手のひらから超えるようなドローンは6畳だとキツキツなんですよね。

飛行させて感じたデメリット

機体が小さい分、操縦がやや難しいです。たとえば、安定したホバーリングは、リモートコントローラの細かな動きが必要です。

ブンブンと元気よく飛び回ってしまうため、まったくの初心者だと、天井にぶつけたり、地面に落ちちゃったりするかも・・・。

逆にちょっと慣れた人だと、小さな部屋でも楽しくドローンを飛ばせますね。

あと、機体が軽すぎるので、屋外で飛ばすのは危険です。風でアッという間に流されます(笑。

あとがき

ここまで好きになったドローンは、正直ありません!

普段、Phantomなどのドローンを操作しているからでしょうか、この小さな機体でも頑張るHoly Stone HS170が惹かれてしまいます。

また部屋での遊びや練習に持って来いのサイズです。初めての人でも、コツさえ掴めば楽しく飛ばせるドローンですよ。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#