DJI製品(Phantomなど)の修理方法は?実際に修理依頼したフローはこちら。

DJI製品(Phantomなど)の修理方法は?実際に修理依頼したフローはこちら。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

DJIの製品(特に多いのがドローンのPhantom)で修理するのはどうすればいいの?と悩む人が多いと思います。

このブログを書いている今現在「DJI 修理」「Phantom 修理」と検索しても、シックリする情報がありませんでした。

そんなわけで、実際におこなった修理依頼のフローを紹介します。

結論から言うと「DJI アフターサービスセンター」さまさまです!

SPONSOR

DJI製品(Phantom)の修理依頼先は?

「ドローンのPhantomが調子悪い・・・」「墜落してしまって故障した・・・」など、どんな商品でも利用していたら何かしらの故障やアクシデントはあるはずです。

そんな時に、真っ先に考えるのは「修理」。

修理すれば直る可能性がありますし、点検としてチェックしてもらうと安心しますがドローンは精密機械・・・、自分では修理できませんよね。

「どこで修理をすればいいのか分からない。ホームページを検索してもハッキリしない」と悩んでいる方が多いはず。

そこで、いきなり結論ですが、修理の依頼先はDJIアフターサービスセンターの一択です。

Phantomを購入した販売店や、ドローン専門店の修理部門など、様々な場所で修理を行える可能性があります。

しかし何度も言ってしまいますが、何か迷っているのならDJIアフターサービスセンターを選ぶべきです。

DJIアフターサービスセンターのメリットとデメリット

ご存知の通りDJIはグローバル展開している中国企業です。

この1行を読んでしまうと「サポートって悪いんじゃないの」と勘ぐってしまいますよね。それは当然です。私も思っていました(笑。

しかし、実際にアフターサービスセンターとやりとりをしていると、どんどんと湧き出てくる安心感

個々の修理状況や混雑度によって変わる場合がありますが、個人的に抱いた印象を紹介します。

メリット:点検費用が安い

ドローンは精密機器です。修理するとなると、原因を探すために密な点検が必要です。

すると当然なのですが、人件費がかかってしまうため「点検費用」という名目で、依頼者側から料金を支払わなければなりません。

今回Phantomに限った話ですが、点検費用は1万円でした。(1万円なら払ってもいいかな?と思える金額ですよね。)

ドローン販売店に依頼をすると、1万5000円~2万円ほどが相場のようです。

メリット:確実に修理ができる

これはメーカーだからの強みですが、中途半端な状態での修理にはならず、結果の出る修理になります。

「なんのことか?」と思ってしまうかもしれませんが、販売店に修理を依頼した場合、販売店でチェックをして自社で修理ができない場合にはメーカーであるDJIに再委託するフローがあります。

もちろん販売店で修理が可能になる場合もありますが、「修理依頼→販売店→DJI」とスライドしてしまうと、時間がかかる一方です。

それなら、いきなりDJIで修理してもらったほうがスマートだと人間は思ってしまいませんか?

メリット:納期が早い

これは驚いたことですが、納期が早いです。

一部のサイトには、「メーカー修理だと1ヶ月かかる」と記載がありましたが、いやいや点検で3・4営業日、修理で3・4営業日です。

実質的に、1~2週間で手元に戻ってくる納期ですね。

混雑状況にもよりますが、作業レベルを考えるともっとかかってもおかしくないですが、たぶんアフターササービスセンターのスタッフの方の頑張りでしょうか。大変ありがたいです

ちなみに、日本(神戸)で修理は完結します。

デメリット:連絡方法はメールのみ

外国的なシステムですが、メールのみの対応です。

電話もFAXもありません。とにかくメールのみで、修理のやり取りを進めていきます。

「電話で聞きたい、解決したい」と考える方にとってはデメリットになりそうですね。しかし、サポートを電話で受けてしまうと人件費という点で莫大なコスト増に繋がります。

確実に相手に伝え、記録が残るメーのほうが利便性があるので、修理依頼者にとって若干不便かもしれませんが、DJIに協力しべき点かもしれませんね。

ちなみにメールのレスポンスは想像以上に早いです。本当にありがたいです。

Phantomの修理にDJIに出すフローは?

「DJIに依頼するにはどうすればいいの?」と思ってしまうかもしれませんが、実に簡単です。

  1. DJIサポートのメールアドレスにメールする
  2. 返信が来て、専門シートに症状を記載する
  3. シートとPhantomを一緒にして宅配する

以上の3ステップで終了です。

ちなみにメールアドレスは、DJIアフターサービスセンターのページに記載があります。

mailtodji
DJI JAPANより引用

難しいことは一切ありませんが、何度も言うようにメールのみの連絡方法です。メールがなれない方は、得意な知り合いの方にお願いしましょう。

メールに記載する内容は・・・

どんなメールを送ればいいのか心配ですよね。

  • 購入先(店舗名)
  • 氏名
  • 製品名
  • 製品受取日(到着日)
  • 症状

特に症状に関しては、経過を含めて事細かに書いたり、写真を撮ったりすると、受け取る側(サポート側)も理解がスムーズです。

メールという情報が限られている分、きちんと伝えるということもサポート依頼者は必要ですよね。

修理見積もり

dji_proformaInvoice

点検後、修理見積もりがメールで送られてきます。

形式は英語ですが、日本人スタッフが日本語で案内してくれますので安心して下さい。

注意事項

修理依頼をするにあたって、注意すべき点があります。

  • 自分で梱包して、アフターサポートセンターのある神戸まで発送する(もちろん費用は自己負担)
  • 点検費用が発生する
  • 修理見積もりの後、「修理する」「修理しない」を選択する
  • 修理費は、点検費と別途発生する
  • 返送の際に、発送料+代引き手数料が発生する(約1000~2000円)
  • 修理費等の支払いは代引きで現金支払い

列挙した内容ですが、ここは実際に修理に出した時に案内されるので、安心して下さいね。

あと製品購入時には外箱を保存しておくと、何かと便利ですね。修理の発送の時に、非常に役立ちます。

勢い余って外箱を捨てないように気をつけたいところです。

あとがき

信頼の置ける販売店に修理を依頼するのも、ひとつの手だと思います。やはり購入店だからこそ、できるサポートもありますからね。

サポートがしっかりしている販売店で購入した場合には、まずはそこに聞くといいかもしれません。

でも、「どうすればいいんだろう?」と悩んでいるのなら、DJIアフタサービスセンターに連絡したほうがスマートですね。

ドローン(Phantom)は消耗品です。もしもの時のために、点検や修理はしっかりとおこなっておきたいですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#