このドローンは格安!空撮を趣味で楽しむのにベストなPhantom3 Standard。

このドローンは格安!空撮を趣味で楽しむのにベストなPhantom3 Standard。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

趣味で空撮をしてみたい・・・・そんな昔からのあこがれを持っている方は多くいらっしゃると思います。

近年ドローンの躍進が著しく、昔に比べて安価に空撮を楽しめるようになってきました。

そこで「空撮を趣味で楽しむ」に最適なのが、Phantom3 Standard(ファントム3 スタンダード) です。

趣味としては充分過ぎる性能、なんといっても今が格安すぎる値段設定になっているのです。

SPONSOR

Phantom3 Standard が趣味なら充分過ぎる性能の理由

Phantom3シリーズは世界で爆発的に売れた名機とも言われています。

このシリーズには3つのタイプがあり、「Professional(プロフェッショナル)」「Advance(アドバンス)」、そして「Standard(スタンダード)」がラインナップされています。

名前の通り「プロフェッショナル」「アドバンス」は比較的業務にも使用するドローンなので、10万円以上して高価なのですが、一般的な「スタンダード」は安価に作られているのでお勧めなのです。

しかも、充分過ぎる性能を持ち合わせているのです。

1. 屋外なら圧倒的に安定性のある飛行能力

一般的にドローンはGPSを装備しており、ドローン自体が位置や高度を読み取って、その場所に居続ける(ホバーリング)してくれます。

リモートコントローラの操縦スティックから手を離しても、その場に居続ける安定性は抜群です。(屋外で考えると、「プロフェッショナル」「アドバンス」と同等の安定性です)

初心者の方でも、簡単に操縦できる1つの仕組みとも言えますね。

2. 150m上空でもOK、自由に飛べる飛行能力

安価なスタンダードとはいっても、飛行能力は自由に飛べるチカラを持っています。

日本の法律である最高高度150mまで浮上できますし、最大時速57kmまでスピードを出して飛行もできます。さらに飛行時間も25分と長いですね。

上位機種の「プロフェッショナル」「アドバンス」は、最大2kmまで離れていても操縦できますが、実際には日本の法律では目視外飛行は禁止されているので、200mくらいで充分なのです。

「スタンダード」は500mまでカバーしているので飛行させるにあたって全く問題ないですね。

3. スマートフォン・タブレットでライブ映像

飛行している時に、どのような映像を撮れているのかも気になりますよね。

「スタンダード」でも、リモートコントローラに自分自身のスマートフォンやタブレットを付属させてライブ映像を見られます。

もちろん、操作設定などもスマートフォンやタブレットからもおこなえるので、撮影の幅や楽しみ方も広がりますね。

4. 遠くに行ってしまっても自動帰還

もし電波の届かない場所に行ってしまったり、バッテリーが少なくなってしまったりすると、自動的にスタート位置に戻ってきます。

遠くに行ってしまって紛失・・・という心配もこの帰還機能があれば安心ですね。リモートコントローラに付属したスマートフォンやタブレットでも、ボタン1つで自動帰還をしてくれますよ。

5.  趣味なら充分過ぎるカメラ性能

上位機種でも用いられている3軸ジンバルを搭載し、カメラはフルHD も撮影可能です。

つまり、通常のテレビ画面やパソコン画面、youtubeなどで視聴するには充分なカメラ性能です。

海も山も人も、満足できる映像を撮れて、もしかしたら最初はビックリするかもしれません。

言葉で説明しきれないから、映像を見ると納得です

Phantom3 スタンダードのメーカー紹介用のyoutubeを見ると、百聞は一見に如かずですね。

いかがでしょうか?

もう空撮するには充分過ぎる性能と、キレイな映像に驚いたかもしれません。

「これが自分自身で撮影出来たら・・・」と考えるとワクワクしませんか?

もともとは10万8000円でした。でも今は・・・

このPhantom3スタンダードですが、発売当初(2015年8月)の価格は10万円と高額でした。

いやー、この金額だと趣味では手を出せないですよね。個人的にも、「ちょっと高いな」と思うくらいです。

ちょっと宣伝臭になってしまう展開ですが、発売から時間が経ってやや型落ち気味になった今が、爆安なのです。

値引きされまくって、64,800円(税込)。

6万円ちょっとで空撮が楽しめると考えると、恐ろしく安くないですか!?

ほとんどパソコンを購入するのと変わりない金額ですからね。

こんな空撮の楽しみ方ができますが法律は厳守

例えば、

  • 旅行に行った先で空撮をする
  • 海辺で空撮する などなど

いろんな場所で空撮を楽しめるかと思います。旅行のお供にも連れて行くと、楽しみが増えそうですね。

ただし、このPhantom3スタンダードは航空法に規制対象のドローンです。

人口集中地区での飛行や、目視外の飛行など、法律を破った場合には罰金刑になってしまうので、充分に気をつけて下さい。

⇒参考:ドローン飛行に!簡単な「人口集中地区」の調べ方。

⇒参考:ドローンの規制、東京で有るところ、無いところ。

とは言っても、ルールの範囲内で楽しむことは可能です。地方旅行に行った時に、規制を確認して飛行させることもできるはずです。

もし購入するなら、どこで?

このPhantom3スタンダードを購入するならどこで?と悩む方がいらっしゃると思いますが、正直な話、DJIストアや正規代理店やアマゾンなどで購入しても、どこでも変わりませんね。

ちょっとだけですがポイントが付いて、レビューがあって、配送の早くて、何かあっても安心なAmazonが一番スムーズかもしれません。

もちろん直接DJIストアで購入するのもいいですね。

あとがき

Phantom3 スタンダードが格安すぎて、本当に驚きです。

「趣味で空撮してみたいんですけど・・・」という方には、間違いなくオススメできる性能と値段です。

もし10万円だったら、ここまで推さないですよ。この6万円ちょっとなら、購入できそうですよね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#