ドローンの夜間飛行は、許可承認あっても強い制限あり。解説します。

ドローンの夜間飛行は、許可承認あっても強い制限あり。解説します。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

ドローンを夜間飛行させるのは、法律で規制されています。

国土交通省に飛行申請をおこない、許可承認を受けた場合には、ある制限下のものと飛行が許されます。

許可を取れたとしても、残念ながら自由自在にブンブンと飛行させることはできません。

その理由を簡単に解説します。

SPONSOR

ドローンの夜間飛行は、法律で規制が入っている

まず最初に知っておきたいのが、ドローンの夜間飛行そのものです。

「ドローンって夜に飛ばしたらどうなるの?私有地で飛ばしたら大丈夫でしょ?人口集中地区以外でも大丈夫でしょ?」と思いがちですが、答えはNO(違法)です。

どんな場所でも、ドローンは夜間に飛行させてはいけないと航空法で定められています。

ドローンが飛行できるのは・・・

ドローンは日中(日出から日没まで)に飛行させること

引用:国土交通省 無人航空機の飛行の方法

ということなので、太陽が沈んでいる時が夜間になります。つまり、日没してからも飛行させると違法行為となるわけですね。

もっと正確にいうと・・・

国立天文台が発表する日の出の時刻から日の入りの時刻までの間になります。このた め、「日出」及び「日没」については、地域に応じて異なる時刻となります。

引用:国土交通省 無人航空機に関するQ&A

屋外のどんな場所でも夜間飛行は禁止されているので、そもそも夜間はドローンを飛行できないと思っていたほうがスムーズです。

(ただし、屋内の場合は、ドローン規制の対象にならないため、夜間でも自由に飛ばせます)

夜間飛行の許可承認を受けても自由に飛べない

「国土交通省の許可承認を受ければ、ドローンは飛ばせるんでしょ?」と一般的には思うかもしれません。

しかし、飛行はできますが、昼間と同じような飛行は一切できないのです。

一定条件下を定めた上で、飛行許可が得られるので、その範囲内の飛行になるわけだからです。

国土交通省が定めたガイドラインでは、夜間飛行について下記のように述べています。

◯夜間飛行においては、 目視外実施せず機体の向きを視認できる灯火が装備 された機体を使用し、灯火が容易に認識できる範囲内の飛行に限定する。
◯飛行高度と同じ距離の半径 範囲内に第三者が存在しない状況でのみ飛行を実施す る。
◯操縦者は 、夜間飛行の訓練を修了した 者に限る。
◯補助者についても、 飛行させている 無人航空機の特性を十分理解させておくこと。
◯夜間の離発着場所において車ヘッドライトや撮影用照明機材等で離発着場所に十分な照明を確保する。

せっかくなので、一つひとつ解説しますね。

機体の向きを視認でる灯火が装備、灯火が容易に認識できる範囲内

ドローン自体に、ピカピカと光るランプが付いており、かつランプの色分け等で前・後ろが分かる機種に限定することです。

さらにランプが容易に見える範囲内なので、目視外に相当する距離は飛べません。

飛行高度と同じ距離の半径範囲内

これは分かりづらいので図にしてみました。

夜間飛行の規制

例えば、ドローンが高度30mに上がっていたら、その距離相当する30m四方範囲は第三者が入ってはいけない、ということです。

これが高度80mだったら、当然80m以内は第三者がいない状況を作り出さないと飛行できません。

夜間飛行の訓練を修了した者

あくまで操縦者側の訓練の話なので、これは割愛しますね。

夜間でも安全に、かつ冷静に対応できる飛行技術を習得した操縦者であることは当然です。

補助者も、 無人航空機の特性を十分理解

ドローンを飛行させる場合には、何人かの補助者(補助員)を配置する義務があります。

夜間飛行の場合には、ドローンの飛行能力・特性等の理解をしている状態の補助員が必要になります。実際の操縦経験者なら尚更良いですね。

照明機材等で離発着場所に十分な照明を確保

暗闇の中で離発着は危険なので、明かりを確保した場所で離発着させることです。

街灯の下やクルマのヘッドライトなど、いろいろな工夫をして周囲の状況がわかるくらいの照明を確保する必要があります。

国土交通省ガイドラインでは「撮影用照明機材」とも記載されているので、手持ちの懐中電灯程度では照明を確保したとは言え無さそうです。

安全性を確保した夜間飛行

夜間飛行の許可承認を得て、何度か飛行させたことがありますが、操縦者側の目線になると、人がどこにいるかわからないというのが本音です。

街灯が少ない夜道を想像して頂くと分かりやすいと思いますが、暗い中ですと人が見えません。

さらに、操縦者は基本的にドローンを直視し続ける必要があるため(ドローンを目視飛行)、その周辺をそこまで見渡せないのです。ますます人がいるかどうかは判断できないですね。

操縦者は、明るいうちから飛行場所の障害物をチェックしたり、飛行ルートを確認してシミュレートしたり、人の出入りがありそうな通り道を確認したり、念入りに準備を行います。

しかし突然、暗闇の中から第三者がドローン上空に入り込む可能性も100%ないとは言えません。

安全性を確保した夜間飛行となると、補助員の配置や増員は必要不可欠です。

安全性を確保

例えば、第三者がドローンの高度範囲内に入らないように補助員を周辺に配置。

さらに操縦者はドローンを見続けているので、操縦者の横でも見渡す補助員を配置して、すぐに危険を伝えられる状況にすることです。

極端に視野が悪くなる夜間飛行。

ここまでの安全性を確保しないと、やはり事故の可能性は高いままです。

となると、何度もお伝えしていますが、たとえ国土交通省の許可承認を得たとしても、昼間のようにドローンをブンブンと自由に飛行できないのです。

安全面を最優先に考えた上でご理解を頂ければ、嬉しい限りです。

あとがき

いろいろな夜間飛行計画書を作成することも可能ですが、ほとんど同条件に近い飛行制限になります。

クライアント側の演出上での夜間飛行も必要になるかと思いますが、可能な範囲内での最大限の飛行になります。状況に応じて依頼した操縦者と相談していただけばと思います。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#