脅威の安定力!何をされても頑張るDJI Phantomが凄すぎる。

脅威の安定力!何をされても頑張るDJI Phantomが凄すぎる。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

あんまりyoutube動画を紹介しないようにしていたのですが、これは凄すぎて泣けてきたので紹介します。

「Violent testing DJI Phantom 4」というタイトルの通り、Phantom4を暴力的に飛行テストする動画

あれこれと無茶をさせられるのですが、それに耐えて安定飛行し続けるPhantomに驚きです。最後は泣けてきます。

SPONSOR

Violent testing (暴力的な飛行テスト)

投稿者がつけている動画タイトルの通り、思いっ切り無茶をさせています。

やり方自体に賛否両論のコメントが書かれており、見る方にとっては後味悪いかもしれません。

しかし、安定した飛行は目に止まってしまいます

端的に、動画の要点を記載すると…

  • 木(葉っぱ)に直撃
  • 水の入ったボトルをバランス悪く紐付け
  • ケースで思いっ切りスマッシュ
  • 1つのプロペラをハサミでカット

という飛行テストです。これだけ見たら、いやはや可哀想で泣けてきちゃいますね。

youtubeの動画

英語と中国語の動画なので、少しだけ日本語で解説しますね。

  1. 最初はPモード、Sモードでの飛行テストです。軽快ですね。
  2. (00:40~)葉っぱにクラッシュさせます。最初はフルスロットルしていなく・・・次はハイスピードで。クラッシュ後は自動で戻っていきます
  3. (01:14~)350gのペットボトルを紐付けて・・・次は合計2本。
  4. (02:17~)飛行中のPhantom4をスマッシュ。何事もないように戻って、次は360度回転しても、元に戻ります
  5. (02:53~)最後に、1つのプロペラをカット。飛行できて、さらに深くカット。

この安定感、もう驚愕です。

「なんでここまで無理して頑張ってくれるんだー!」と泣きそうになっちゃいました。

特に驚いたのが、ペットボトル1つを括りつけた状態で離陸するシーンです。思いっ切りアンバランスなのですが、それを何事もないように離陸してホバーリングしてしまう。

DJIの飛行制御システムの素晴らしさが物語っていますね。

あとがき

いやはや、DJIが凄すぎです。

※念のため。「危ないので動画の真似はやめましょう。」

※思いっ切りバッグを投げてクラッシュさせたのは、たまたま上手くひっくり返ったので元に戻れたと思われます。普通ならそのまま墜落します。

※BGMが良さげですよね。「Itro & Tobu – Cloud 9」という曲らしいです。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#