自分の土地(私有地)なら、ドローン規制内でも飛行OK?

自分の土地(私有地)なら、ドローン規制内でも飛行OK?

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

「自分の土地なら、ドローンを飛ばしてもいいの?」と疑問に持たれる方が多くいらっしゃると思います。

確かに、自分自身が持っている私有地なら「だって、俺の土地だから」と考えますよね。

しかし、いくら自分の土地だとしても航空法が適用されており、人口集中地区などドローン規制が入る場合があります。

誤って飛行しないように、分かりやすいように解説します。

SPONSOR

自分の土地(私有地)でも航空法が適用

日本全国、どんな場所でも、無人航空機(ドローン)に関わる航空法は適用されています。

その航空法というので、ドローンの規制対象になっているのが・・・

  • 人口集中地区での飛行
  • 人・物の30m以内の飛行
  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 催し物での飛行 などなど

ここで、まず最初にドローン規制で考えるのが「人口集中地区」です。

一定数の人口が多い場所でのドローン飛行は法律で禁止!と定められているものです。人が多い場所だから危険に晒すな、ということですね。

前述の通り、この法律というのは日本全国で適用されています。

例えば、東京の新宿駅付近に、庭付きの一軒家を所有しているとします。当然、新宿は人口集中地区。では、その庭で規制対象の200g以上のドローンを飛行してもOKでしょうか?

答えは、違法でNGです。

たとえ自分自身の土地だとしても、人口集中地区にある場所はドローン飛行は禁止されているのです。

まずは、飛行しようと思っている場所が人口集中地区なのかを調べる必要があるのです。

⇒参考:ドローン飛行に!簡単な「人口集中地区」の調べ方。

規制対象になるのは200g以上のドローン

この航空法の規制対象になるのは重量のある200g以上のドローンです。一般的にPhantomシリーズなどですね。

しかし、200g未満のドローンは規制対象となっていません。

例えば、100gのトイドローンは航空法の規制対象外なので、人口集中地区でも飛行させても大丈夫です。

どうしても人口集中地区でどうしても庭先で飛行させたい場合には、トイドローンで我慢するしか無いですね・・・。

⇒参考:初心者向き!200g未満のドローン、1万円以下のオススメ5選。

200g以上のドローンのOK?NG?の図

人口集中地区

もう少し分かりやすく、図にしてみました。

  • 人口集中地区で自分の土地(私有地)を持っていて飛行させようとしても、それは違法
  • 人口集中地区ではない私有地で飛行させるのはOK

まずは、人口集中地区というエリアなのかどうかを、きちんと見分ける必要があるのです。

しかし、さらに厄介なドローン規制があるのです。

上の画像でお気づきの方がいるかもしれませんが「※人・物に30m以上」という規制です。

人・物に30m以上の距離を取る必要がある

ドローン規制の中に、もう一つ禁止されて注意が必要なのがあります。

「人・物に対して30m以上の距離をあける」というもの。つまり、30m未満での飛行は違法になってしまいます。

どんな時が想定されているかというと…

  • 離発着時に、第三者が30m以内にいるのはNG
  • 飛行中に他人の物件(例えば家など)に、30m以内を飛行するのはNG

つまり、必ず広いスペースで離発着をして、広いスペースの中で飛行し続けるというのが原則です。

「なーんだ、それなら自宅の庭は広いから大丈夫だよ」と考えちゃいますよね。

しかし、落とし穴があります。

具体的な「物件」の例は以下のとおりです。
車両等:自動車、鉄道車両、軌道車両、船舶、航空機、建設機械、港湾のクレーン等
工作物:ビル、住居、工場、倉庫、橋梁、高架、水門、変電所、鉄塔、電柱、電線、信号機、街灯 等

国土交通省「無人航空機(ドローン、ラジコン等)の飛行に関するQ&A」より引用

電線や電柱、街灯も、ドローン規制の30mの物件に入るのです。

参考:「人又は物件との間に30m以上の距離」をもっと詳しくすると何なのか?

例えば、家の周りが電線に囲まれていたら・・・というのを図で表してみると

30m電線

この画像の赤い部分での、離発着および飛行は禁止になっているのです。

つまり、「物に当たって墜落したら危険でしょ。他人の物件に危害を加えちゃダメでしょ。だからドローン飛行させたら違法だよ」というわけです。

確かに、ドローンを狭い空間で飛行させようとするには、それなりの技術が必要です。また安全管理の知識も必要です。

この法律の言わんとするものは分かりますが…。

ドローンを飛行させるなら、規制外の広いスペースで。

東京ドームほどの私有地を持っていて、なおかつ人口集中地区ではない自宅なら庭先で飛行するのは問題ないはずです。

しかし、一般的な日本家屋が多く、電線や電柱が地上に溢れている日本国内。

なかなか自分の土地で飛行するというのは厳しいものがあります。

もし200g以上のドローンを飛行させるなら、人口集中地区ではなく、広いスペースで飛行させるのが健全です。

例えば、知り合いの畑を所有している人に許可をもらって、その上空で飛行させたり、許可の取れる河川敷で飛行させたり、自治体が開放しているスペースだったり。

ドローン規制のない場所で安全に飛行させるのが、今現在の日本の法律です。

あとがき

「なかなか難しいなぁ~」と思われたかもしれません。

しかし、車の運転免許のように、ドローンは免許制ではありませんし、資格制度でもありません。

誰でもルールを守れば飛行させられる、という訳です。

世界的に見ても、これでも規制はややゆるい方です。このルールをキチンと守りつつ、安全を第一にしてドローン飛行させるようにする。

規制をもっと厳しくさせないために、これが操縦者の努めですね!

上の規制があったとしても、日本全国のおおまかに90%は規制外エリアのですからー。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#