小型ドローンの注目株、Mavic Pro & Karma の手軽さは個人利用を加速させる。

小型ドローンの注目株、Mavic Pro & Karma の手軽さは個人利用を加速させる。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

この1週間で新しいドローンが登場しました。ご存じの方もいらっしゃると思います。

まずはDJIの「MAVIC Pro」。特徴は折りたたみの手のひらサイズ。

そして新たにドローン業界に参入したGo Proの「Karma」。

実機を見ていないためレビューではありませんが、いち早く海外でアップしているレビュー動画を一緒に見てみましょう。

SPONSOR

DJI 「MAVIC Pro」

2016年9月28日に新商品発表されたのが「MAVIC Pro」です。

コンセプトは「WHEREVER YOU GO」。どこにでも行ける、っというところでしょうか。

この新しいドローンですが簡単に言うと、「Phantom 4の性能を活かしたまま、小型化して持ち運びできる手のひらドローン」です。

メーカーであるDJIの紹介を見てみましょう。

今までネットで見たことのある空撮が撮れていますね。

唯一、映像として新しいのが03:47あたりの崖の間を飛行するシーン。小型化されたことで突っ走ってくれています。

また何と言っても、折りたたみ式で小型化されていること。

バッグからちょろっと取り出して、ササッと飛行する。そんなお手軽感が、「MAVIC Pro」にはありますね。

Your first personal drone と宣伝もしていましたが、その通り、コンシューマ向けに最適なドローンです。

日本では発売が2・3週間後ですが、早くもアメリカでは手に取った人がレビューしてますので、これも見てみましょう。

キャラの濃いアメリカ人ですが、youtube上ではよく見かける人。映像の構成がステキです(笑。

最初は発表会のレビュー、そして室内でのテスト飛行、最後に屋外でテスト飛行です。

この動画で見るべきは、最後の屋外飛行ですね。海辺でテスト飛行していますが、手のひらで持てる小さいサイズなのに、風の強い環境でもブンブンと飛び回っています。

撮影映像を見ても(カメラの性質上、若干チープ感があるものの)ブレること無く、また風に流されている感じはしません。

DJIのテクノロジー、凄すぎです!

ただし注意なのが、重量が743gあるので日本の法律(航空法)の対象になるドローンです。

手軽なのでついつい飛ばしたくなるのは分かりますが、規制のある地域でサクッと飛ばしては違法です。

Go Pro「Karma」

ほぼ同じタイミングで発表したのがGo Proの「Karma」です。

Go Pro はもおうご存の方も多いですよね。水中にドボーンと入ったり、自転車につけて走行したり。多少のアクロバティックな環境でも撮影できる小型カメラです。

そんなGo Proがドローン業界に参入。今までDJIが70%のシェアを獲得していると言われていますが、どう切り込んでくるのか?

それが「Go Pro」を楽しむためのドローン+ハンディということですね。

まずは紹介映像から。

ドローン自体は空撮はできますが、あとはDJIのような操縦をサポートしてくれる機能(衝突回避など)は付いてなさそうです。

ただ飛行時の映像を見ても、安定性はDJIに遜色ないですね。「Phantomで撮った映像です」と言っても、分からないほどのレベルです。

特徴的なのは、手持ちカメラの「Karma Grip」が一緒に付いていること。

ドローンについているGo Proのカメラを取り外して、Karma Grip に付け替えればブレのない映像が取れてしまいます。(DJIのOsmoが付いてくるというイメージですね)

つまり、Go Pro が発売しているカメラ、HERO5やHERO4をすでに持っている人なら、さらに幅広い映像が撮れるわけです。

まさにGo pro ユーザーのための、2つのツールですね。

前述のアメリカ人のレビューを見てみましょう。

Karma Grip を使って移動までのシーンを撮影、そしてドローンで空撮。

07:18あたりから石畳の道を走っているのですが、そんなにブレていないのがよく分かりますね。(いい道を選んだよなぁ、この人)

ちなみに、こっちのドローンの重量も1006gあるので航空法対象です。

フラッと街中で Karma Grip で撮影して、そのまま空へ・・・なんてことは違法になる可能性が高いので、場所をきちんと選びましょう。

目的に応じて、購入するがオススメ!

どっちを購入すればいいの?Phantom4はもう型落ちなの?と思うかもしれません。

でも、目的に応じてどれを買うのか考えると、頭の中が混乱せずにスマートです。

例えば・・・

  • 「持ち運びが簡単なのがいい!」というなら、DJIのMAVIC Pro
  • 「Go Proを持っているから、もっと活用したい」というならKarma
  • 「空撮メインでガッツリと楽しみたい」というならDJIのPhantom4

と言った感じでしょうか。

どれが良いというわけではありません。ただ、自分自身にあった商品選びの幅が、こうやって広がるのはいいことですね。

あとがき

とは言っても、初めてドローンを趣味で楽しみたい人なら、MAVIC Pro ですね。

ちょっと10万円とお手軽な価格ではないですが、性能は抜群。今までのDJIの技術を詰め込んだドローンです。

小型化していて凄いことなのですが、ちょっとトイドローン感があるのでブンブンと飛行させる感覚はPhantomよりも少なそうなイメージですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#