室内で遊べる小さい「手のひらサイズのドローン」販売情報まとめ(~5000円くらい)

室内で遊べる小さい「手のひらサイズのドローン」販売情報まとめ(~5000円くらい)

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

トイドローンを購入を検討していて、特に「小さいドローンが欲しい」と思っている方が多いですね。

初心者向けの操縦ワークショップのご参加者さまで人気なのも、小さくてカワイイドローンです。

手のひらサイズのドローンは、室内で遊ぶのにも最適なサイズ。では、どこで売っているの?という疑問に答えて調べましたのでご紹介します。

(ちなみに私は手のひらサイズのドローンが大好きです。一番のお気に入り!)

SPONSOR

手のひらサイズのドローンを購入するにあたって

まず最初に購入するに当たっての注意点、3つです。

1. リモコンのモードをチェックする

ドローンには、数パターンの操縦方法が存在します。

俗に言うモード1・モード2というものです。(ちなみに、モードは2を絶対的にオススメしています)

1万円ほどで購入できるトイドローンは自己設定ができるのですが、手のひらサイズのドローンはモードが決まってしまっている場合がほとんどです。

購入時に「この手のひらサイズのドローンのモードは何かな?」と確認しましょう。

2. 屋外の風に弱いことを理解する

手のひらサイズのドローンは、他のトイドローンに比べて風に弱いです。

重量がないですからね。

屋外で木々がない場所なら安心ですが、ちょっと風が吹いていると流されやすくて「木に引っかかった」というのもありますので、風に弱いということをしっかり覚えておきましょう。

3. ちょっぴり操作難易度が上がる

機体が軽い分、安定性がやや低く、操縦がやや難しいです。

いきなり手のひらドローンを操縦しようとすると「あー!難しい!」と感じてしまうことがあります。ドローンを知っている人に教わるなどするとスムーズです。

(過去に私のワークショップにご参加された方は、手のひらサイズのドローンの操縦も大丈夫です!)

Holy Stone HS170 (モード1・モード2)

hs170

トイドローンの中でも大手なHoly Stone社のHS170です。

このHoly Stoneはサポートがしっかりしており、何かあっても安心なメーカー。Amazonの店舗レビューも★5に近いのが証拠ですね。

大手なので予備パーツも豊富です。プロペラやモーターなどなど、故障しても簡単に取り寄せ&購入できる点もGood!

私もモード2のこのドローンを持っています。

⇒参考:これは可愛いドローン!Holy Stone HS170は室内で遊ぶには抜群なサイズ感!

しかし、リモコンのモードが在庫によって、モード1だったり、モード2だったりします。購入時にはレビューを見ずに、商品名に書かれている「モード」を確認しましょう。

ちなみに2016年10月の時点では、モード1しか販売されていません。

(追記)モード1およびモード2の販売をおこなっています。購入時に選択できますので、モードをチェックしてくださいね。

TEC.BEAN スパイダー型ミニドローン (モード1)

tecbean

プロペラガードがなんとも特殊なデザインな手のひらドローンです。

モーター・プロペラがダウンサイドにあり、パッとの見た目は正にスパイダー。このデザインは好き嫌いが分かれそうですね。

またリモコンのスティックも平たく、こちらは操縦しやすいのか操縦しにくいのか分からないですね。

価格も安価で、Amazonのレビューも好評価。ただ、モード1限定なんですよね。

Hubsan X4 H107L  (モード1)

h107l

トイドローンで多数のドローンを販売しているHubsan社製。

その中で手のひらサイズドローンの位置づけ商品がH107Lです。Amazonレビューを見る限り安定性がありそうですね。

しかし、ちょっとだけ価格が高いのがネック。予備パーツの販売も少なめです。

Syma X11C (モード?)

symax11c

こちらもトイドローンで多数販売しているメーカー「Syma」社製。

なんと、この価格帯でカメラ付きは魅力です。SD・カードリーダー付きというのも贅沢ですね。

フラッシュライトも付いていることも売りのよう。いやはや、ボリューム満点です。色もホワイト・レッド・ブラックと3色あるので、お好みで選べるのもメリットのひとつですね。

ただ、モードが不明です。(情報あったら教えて頂けるとうれしいです!)

JD-TOYS JD-Q1 (モード2)

jd-q1

見た目がほぼ「Holy Stone HS170」に激似な手のひらドローンです。

たぶん同じ工場から出荷されている商品だと思われます(OEMの製造元がありそうですね)。

唯一リモコンだけは異なりますね。バッテリーも単4電池が4つです。機能的なところは同等、しかもリモコンはモード2!

値段もセールでかなり安価です。これはお買い得商品ですね。

JD-TOYS DM003 (モード2)

dm003

こちらはややドッシリとした顔立ちの手のひらドローンです。

いかにも頑丈そうな感じですね。完全にブラックというのも男心が惹かれます。

お値段も安いですね。リモコンがややゴツイのが気になりますが、これは好き嫌いでしょうか。

JRC マルチコプター H8 (モード2)

h8

プロペラガードがちょっと頼りない感じの手のひらドローン。

Amazonのレビューでも「プロペラが壊れる」「着陸でプロペラが吹っ飛ぶ」との声が多いようです。ちょっとだけ難がありそうですね。

しかし一通りの機能がついていながら、値段が激安です。このブログを書いているときには1700円だからビックリ。

あとがき

手のひらドローンは、カワイイドローン。

いろんなドローンを持っていますが、その中で一番好きです。とにかく好きです!

小さい体で頑張って飛行している姿、蚊のような飛行音。家の中で練習するときは、必ず手のひらドローンを使用してます。

いやはや、「手のひらドローン」を普及させたいなぁ~。「手のひらドローン愛好会」を作りたいなぁ~。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#