無料!ドローン練習場(市営)のある古河市へ行って飛行してきた

無料!ドローン練習場(市営)のある古河市へ行って飛行してきた

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

「ドローンってどこで飛ばしていいんだろう?」そんな疑問ありますよね。

そこで、「完全ドローンOK」であるドローン練習場(練習施設)のある古河市へ行って、飛行させてきました。

茨城県・栃木県・埼玉県・千葉県の境目、東京からも1時間少しという好立地。しかも市営で無料!

「なぜ市公認のドローン練習場が?」と疑問に感じたので、お話も伺いました。いやはや、古河市はドローンにやさしいです!

SPONSOR

市が運営するドローン練習場があるってご存知でしたか?

「どこでドローンを飛ばせばいいのだろう」「安心してドローンを飛行できる場所はないのかな?」

そんな疑問に応えられるのが、ドローン練習場です。

しかし、最近は民間でドローン練習場を設営しつつありますが、まだまだ関東でも10箇所くらいで数少ないのが現状です。

そんななか、2016年9月に古河市に新しいドローン練習場が誕生しました。

なんとビックリなことに市営のドローン練習場です。しかも市内・市外の人問わず、誰でも利用できる無料の練習場。

8月くらいに「古河市が作りますよ!」というニュースを目にした時に、「なんて寛大な市なんだ!」と感銘を受けちゃったんですよね。

今回、機会があったので行っちゃいました!

場所は、茨城県古河市の河川敷

古河市と聞いて「どこだろう?」と思いますよね。

グーグルマップで紹介すると・・・・

ちょうど、埼玉県・栃木県・千葉県の境目にある茨城県の市です。

東京からクルマで行くと、東北道で約1時間ちょっと。電車でも1時間半くらいの距離です。

北関東からのアクセスもよく、関東マップで見るとちょうどど真ん中にあたります。

ちょっと遠いように思えますが、アクセスが良くて近いんですよね。

具体的な練習場の場所は・・・

渡良瀬川の河川敷、ちょうど渡良瀬遊水地の南側にあたる場所ですね。

ドローン練習場の利用方法は?

さて、古河市営のドローン練習場。

どのように利用すればいいのか手順を紹介しますね。

※利用条件

最初に、このドローン練習場を利用するにあって1つだけ条件があります。

それは、賠償責任保険に加入しているか否か。

DJIで加入できる保険でも結構ですし、年間4500円のラジコン保険でも結構です。

要するに、もしものときに多額の負債を負わない、保険加入済みが条件です。

1. 電話で予約

まず、電話で予約が必要です。

ドローン練習場を管理している「古河スポーツ交流センター」に電話連絡です。

電話番号は、0280-22-3500 ですね。

希望日時と利用時間帯を予め決めておくとスムーズです。

2. スポーツ交流センターに受付

古河市のスポーツ交流センターに受付するのですが、宿泊棟なのでお間違いなく。

スポーツ交流センター

正面の左側の建物です。

この1階にある受付窓口に向かいます。

3. 利用申込書と誓約書に記載する

ドローン練習場として開放されている「芝生の丘」の利用申込です。

書類に記載をして、あとは「保険に加入しているか」の誓約書にサイン!

お金を支払うことは一切ありません。これで完了です。

ドローン練習場の概要は?

ドローンの練習場に向かうのですが、受付したスポーツ交流センターからは800mほど離れています。

ドローン練習場の真横に駐車場があるので、荷物を載っけたまま移動です。

河川敷の広い敷地がドローン練習場

古河市ドローン練習場google map

どのくらいの広さがあるのか、先に説明しますね。

古河市が管理している河川敷の一部(芝生の丘)がドローン練習場になっています。ちょうど赤い場所ですね。

そして、真横に駐車場があるので、荷物の持ち運びは楽です。

さらにマップを見ると分かると思いますが、野球場2面分に匹敵するくらいの広い敷地

ドローン練習場の入り口に行くと・・・

練習場の入り口

こんな感じで看板が立っています。

きちんと「ドローン練習場」と記載がありますね。まさに、正真正銘のドローン練習場です。

地面は芝生になっていて、刈り取られています。またすべて平面ではなく、若干の起伏がある場所です。

ドローンで上空から敷地を撮影

上空から

練習場の端っこから離陸させて、上空から写真を撮ってみました。

左側は住宅地、右側は木々+渡良瀬川です。

練習場の対象になっているのは、道路から右側の芝生で刈り取られている場所のみ

ちょうど奥に野球場が2面ありますが、そっちの大きさと比べても結構な広さがありますね。

逆側からの撮影

次は、逆側から撮影しました。

こっちから見ると三角形のカタチをしているように見えますね。

奥が駐車場になっていて、端から端までの距離は約230mドローンが離れたとしても目視できる距離感です。

ひとりだったので、ブンブン飛行しましたよ

ブンブンしてみました

実際の映像は、上でチェックしてみてください。雨上がりなので、ちょっと暗くて白っちゃけてますが・・・。

飛行させてみて感じたポイント

実際に飛行させてみたのですが、いくつか感じたのを列挙しますね。

point1. 人口集中地区ではないので、誰でも飛行できる

航空法上でも誰でも飛行できる立地というのは、非常に重要なポイントですね。

周辺に、電線や電灯などの障害物がないのも安心できます。

point2. 150mまで浮上できる

法律の上限である150mまで高度を上げられます。

高度を上げる練習にもできそうです。

※ただしヘリコプターの音が聞こえたら即中断で

point3. 渡良瀬遊水地がぎりぎり見える

150mまで上がった時に、ハート型の渡良瀬遊水地がギリギリ写ります。

ちょっとした景観も撮れるのは、練習のやりがいのある場所とも言えます。

※ちなみに渡良瀬遊水地内のドローン飛行は、公園事務局で禁止されています。ラムサール条約に登録されており、野鳥・昆虫など多くいます。決して、遊水地内で飛行しないでください。

point4. 駐車場が真横にある

ドローンの荷物は重たいですよね。

車を練習場の真横に停められるのは、なんともステキです。また車にあるシガーソケットを利用すれば充電もできるのも大きなメリット。

もしくは、ポータブル電源を車に積んでしまうのもオススメです。バッチリ充電できます。

飛行する上での注意事項

操縦者が守るべき、当然の注意事項です。

  • 必ず予約する
  • 敷地内からドローンを絶対に出さない
  • 無料で使わせて頂いているので感謝する

特にドローンを飛行していて問題になりそうなのは、決められた練習場の範囲外に飛行させること。

芝生の上ではなく、木の上など川側に行かないこと。

飛行禁止

ドローン練習場は、指定された場所で開放されているもの。

川側に飛行するのは禁止されています。

さらに、「練習場だから・・・」と言って目視外飛行をして練習するのは航空法の違法行為です。そもそも目視外飛行はどんな場所でも違法なので、なぜ目に見えた違法行為するんでしょうか?

また目視外の許可承認を持っている人でも、川側には釣り人もいるのでNGですよ。理由は許可を取っているのなら分かるはずです。(そもそも、エリア外に飛行するのは禁止なので、取得している人でも言い訳できないですよね)

忘れてはいけないのは、無料で利用させていただいるのです。

あれこれと要望を言ってはいけません!この広い土地を、ドローン専用として無料で使わせてもらっているだけでも充分すぎです。全国的に見ても稀なのです。

一部のマナーの悪い人がいて、この練習場が無くなるのは残念すぎ。お互いにモラルを持って練習しましょうね。

「なぜドローン練習場?」と話を伺いました

実は、市区町村が主体となってドローン練習場を作ることにビックリしちゃいました。

そもそも役所関連は、ドローンに消極的です。

それはそうですよね、扱いが難しいですし、危険が必ず存在するので嫌がる傾向があります。しかし古河市は、先陣を切ってドローン練習場を作りました。しかも無料です。

あまりにも突発的で、大胆。

なぜドローン練習場を世の中に登場させたのか、気になって気になって仕方がなかったので聞いちゃいました。

古河市がドローン練習場をつくった理由は?

mens

より多くの方に「古河市」を知って頂いて、より多くの方に「古河市」に来て頂くためです。また市長も「ドローンで飛行できない人がたくさんいる、練習場の場所が必要」というのを知って、いち早くオープンするために動いたんですよ。

この敷地を選んだ理由は?

mens

利用が少ない場所だったこと、また周辺には比較的田畑があって民家が少ないこと、また民家からも一般道からも離れているのがポイントでした。とは言っても、簡単にこの場所がオープンになったのではなく、関係各所と調整を繰り返して、ようやくドローン練習場として利用できるようになったのです。前例がないから制度づくりも難しいですからね。

利用者数はどうですか?

mens

2016年9月1日からスタートしましたが、9月は雨続きでほとんどドローンには不向きな天候・・・。しかし35人の方にご利用頂きました。10月からは、雨天が少なくなり、10日間で45人の方が来て頂きました。1人で練習されたり、グループ(20人)で数台のドローンで練習されたり、様々です。平日は近隣の方がいらっしゃいますが、週末は東京や埼玉からもいらっしゃいます

もし複数の人がいたら?

mens

現地で利用者同士で話し合いながら、飛行して頂いております。場所を分けたり、バッテリー交換毎に交代したり。予め混雑するのが分かっている場合には、予約の電話の時点で、お伝えするようにしています。そのため、いきなり当日に来るのではなく、予約の電話をして頂くとスムーズです。川が増水して利用できない場合もあるので、ぜひお電話ください。

裏技的な利用方法はありますか?

mens

もしたくさん練習したい場合には宿泊はいかがでしょうか?受付したスポーツセンターには、宿泊施設がございます。1日3000円/1人(4人以上)で宿泊できて、温水プールにジムも数百円で利用可能です。ドローンで練習をして、バッテリーがなくなったら部屋で充電。その間に、プールやジムで汗を流す。もう一度ドローンで練習・・・も歓迎です。

今後、この練習場はどうなりますか?

mens

始まったばかりですので模索しながら、ルールや制度を作っていきます。利用者の方から「え、無料なの!」と驚かれることも多く、嬉しい限りです。トラブルがないようにぜひ利用して頂きたいです。

※聞き手(私)からのひとこと!

このドローン練習場は、いろんな苦難があってようやく実現した練習場とのこと。市内の住民だけではなく、市外の人も受け入れ、しかも無料でおこなっています。

利用者の方から要望が上がるようですが、いやいや、ワガママを言うのはやめましょうね。障害物をつくってくれ、電源コンセントをつくってくれ、と声を上げるのはなんとも残念です。(電源欲しいなら、有料の練習場に行くほうがいいですよね)

無料で利用させて頂くのだから、それだけで感謝すべき。野球場2つ分の敷地で、気兼ねなくドローンを飛行できるだけで、もう充分ですよね。

ドローン操縦者に優しい古河市、ありがたいです!

せっかくならば、ここに寄り道しておきたい3選

いくら東京から1時間強の距離だとはいえ、ドローン練習だけではモッタイナイですよね。

せっかく古河市のドローン練習場に来たのだから、勝手に選んだ寄っておきたい3選を紹介します。

その1. 古河市のラーメンを食す

これは1人で練習に来た人にオススメ!

グーグルの検索で「古河市」と入力すると、予測変換で「古河市 ラーメン」と出てくるほど、実は名店があるのが古河市

茨城県でナンバーワンと言われている「麺堂 稲葉」さん。ラーメンデータベースで97ポイントと驚異的な支持を得ている、地鶏スープ系と鶏白湯系ラーメン&つけめん。

⇒参考:ラーメンデータベース「麺堂 稲葉」

(ドローン練習場からクルマで5分。なんで行かなかったんだろう。ラーメン好きなので泣きたくなるほど後悔・・・)

その2. 観光に城下町の風情を楽しむ

古河市は、古くは城下町として栄えたそうです。

酒造や蔵など歴史のある建物が歩いてみて見て回れるとのこと。「お休み処 坂長」は散歩がてら、休憩できそう。

⇒参考:こがナビ散歩コース

(ドローン練習場からクルマで5分。古風な建物好きには、たまらないですね。)

その3. スーパー銭湯で疲れを癒やす

ドローン操縦時は集中して疲れますよね。

そんなときには野天風呂「いちの湯」。温泉施設ではありませんが、高濃度人工炭酸泉やつぼ湯、洞窟風呂、塩サウナなど多彩なスーパー銭湯です。

⇒参考:野天風呂「いちの湯」

(ドローン練習場からクルマで10分。600~700円で安いよなぁ~)

追記:古河市内まちめぐりマップがあるようです

ドローン練習場から車で5分にある「古河駅」。

そこを中心とした「まちめぐりマップ」があると情報を得ました。食事や甘いもの、観光地、お土産店等を網羅したマップです。

古河市マップ

PDFのダウンロードはこちら

マップ制作した「こがコガ実行委員会」より掲載許可を得ましたので、練習場に行く際には、こちらもダウンロードすると街巡りも楽しめやすいですね。

あとがき

練習場と言ったとしても、安全は第一です。

近隣に住んでいる方や隣接する野球場など、迷惑をかけないのがドローンを操縦する人のマナー

無理をしない範囲で、気兼ねなく練習をしましょー。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#