ドローンを目視するには視力が大切。目を労る3つのアイテム。

ドローンを目視するには視力が大切。目を労る3つのアイテム。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

意外かもしれませんが、ドローンと目の関わりは非常に高いです。

「ドローンを目で見る」という行為は、操縦者として要と言っても過言ではありません。

日頃のドローン撮影でベストを尽くすためにも、どんなアイテムを使用しているのか、目を労るアイテムを紹介しますね。

※パソコンやスマートフォンの目疲れにもGoodですよ!

SPONSOR

ドローン操縦に必要な視力

ドローンと視力の意外な関係はご存知ですか?

これは航空法に定められている1つが大きく関わってきます。それは「目視外飛行」です。

日本の航空法では、目視外飛行、つまりドローンが見えなくなる飛行を禁止(違法行為)としています。

この「見えなくなる」というのが肝です。

例えば、視力が0.3の人と視力が1.5の人が目視飛行をした場合には、どこまでの距離を飛行できるか変わってくるのは想像通りです。

ドローンが飛んでいる後ろの背景によって、視界に入る距離は異なりますが、視力が良い人なら200mくらいは目視飛行ができます。

しかし、視力が悪い人なら・・・100mでも見えなくなってしまい、その瞬間に目視外飛行になってしまいます。

⇒参考:ドローンの「目視の範囲内」と「目視外」飛行は一般的にどこまでか?

操縦者の視力は飛行距離に関係し、大きな動きのある飛行(撮影)が出来るか否かが決まります。

それ故、ドローンを扱うには、日々目を労る必要があるのです。ただでさえ、パソコンやスマートフォンで酷使してしまっていますからね。

ちなみに、私は10年前にレーシックをして、なんとか視力は1.5をキープしてます。(レーシックは老眼になりやすいと言われてますが、まだ兆候はありません・・・が怖いんですよね・・・)

私の目を癒してくれる3つのアイテム

その1. 気持ちよすぎる「あずきのチカラ」

あずきのチカラ

最近じわじわと人気になりつつある「あずきのチカラ」です。

簡単に言うと、目の周りを温めてくれる温感ピロー。電子レンジで30秒温めるだけで、天然のあずきが温まるお手軽さ

ほんのりとした温かみと、丁度良い重みがなんともリラックス効果を与えてくれます。

血行が良くなるのか、これを導入してからは目疲れが改善したんですよね。

250回も使用できるのも、なんとも経済的です。

これは「目が疲れたなぁ」と感じる人には試して欲しい逸品。最初の2・3回は小豆の匂いがしますが、徐々に匂いは無くなるので安心してくださいね。

その2. ビタミン入り目薬「スマイル40マイルド」

目薬

目にダイレクトに届く、目薬です。

目薬自体は(市販品だと)そこまで効能に大きな差が出ないので、ドラッグストアで安価に販売されているスマイル40マイルドを愛用してます。

キュッとキャップが閉まったり、目に差すところが丸みを帯びていたりするのが好み。

この目薬は完全に好みで変わってきそうですね。ただ目に違和感を感じたら、すぐに目薬・・・という習慣をつけるのが大切らしいです。

その3. ブルーベリーサプリメント「SOLARAY Bilberry」

ブルーベリー

ブルーベリーは完全に気休め、とまず言っておきますね。

ブルーベリーに含まれているアントシアニンが、「目に効く」という触れ込みを目にしますが、実際にはエビデンスとして出ているかは定かではないよう。

サプリメントはクスリではないので仕方ないですね。でも、個人的には疲れ目が和らいだ気がします。

ちなみに私はサプリメント大国のアメリカから個人輸入して取り寄せています。アメリカのサイトでは好評なSOLARAY製です。

ただ、次は日本のサプリメントも含有量が増えているので、手頃なディアナチュラに乗り換え予定です。

あとがき

スポーツマンが筋肉や関節を労るように、美容師が手を労るように、ドローン操縦は目を労っています。

小さいことですが「常にベストな状況を作り出す」意識や一手間は怠りません。なんてことないのですが、やはり「する」のと「しない」とでは、「する」ほうがいいですからね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#