建物の屋上からドローン飛行させた場合の高度はどうなるのか?

建物の屋上からドローン飛行させた場合の高度はどうなるのか?

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

ドローン撮影する際に、時として屋上から離発着をおこなう場合があります。その際の最高高度はどうなるのでしょうか?

「高く浮上させて欲しい」との要望を頂くこともあるのですが、どこまで浮上できるのかご説明しますね。

SPONSOR

高度は地表がベースになる

ドローンの最高高度は150mと航空法で定められています。(許可等あれば150m以上も可能です)

その高度150mはどこを基点とした150mかというと、地表・水面からの高度です。建築物の上、なにかしら障害物の上、というわけではありません。

ビルの屋上から離発着した場合は?

例えばビルの屋上、ちょうど100mの高さに位置する場所でドローンを離発着させたとします。

その屋上から何mまで浮上できるでしょうか?

簡単な計算なので、もう分かっちゃいますね。150m-100m=50mです。つまり、屋上から浮上できるのは50mまでです。

決して、100mの場所から、さらに150mを浮上させて実質的に250mの浮上はダメですよ。

次の場合はいかがでしょうか?

ビル高さが200m。その屋上からドローンを離発着する場合です。

先ほどの計算で考えると、ドローンの飛行はNGになることが分かります。150m以上のビルの屋上からは、1mたりとも浮上はできないというわけです。

ちなみに山の場合は・・・

よく質問をいただくのですが、高度300mの山の場合はどうなのでしょうか?

すでに高度300mだからNGだと思われがちですが、先ほどの「地表・水面からの高度」と考えると、山の地表を0mと考えられるので全くドローン飛行は問題ありません。

どうしても飛行させるには?

例えば200mでのビルの屋上でドローンを離発着する場合は・・・(滅多にありませんが・・・)

国土交通省に150m以上の飛行申請を出して、かつ空港との調整をおこなって、許可承認が降りればドローンも飛行可能になります。

あとがき

あまり無いケースですが、ドローンの離発着の高度についてでした。

150mまで浮上させるときの注意点ですが、ヘリコプターが優先です。ヘリコプターの音が聞こえたら、高度を下げて着陸するようになります。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#