屋内や室内でのドローン飛行に規制はある?誰でも操縦できる?

屋内や室内でのドローン飛行に規制はある?誰でも操縦できる?

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

「ドローンって規制があって、どこでも飛行してはダメなんですよね?」という疑問が出てきますよね。

このドローンを飛行してはいけないエリアなどあるのですが、「では、屋内や室内は?」と。

トイドローンはもちろんのこと、大きなドローンでも、屋内や室内は規制は一切ないので飛行できるんですよ。

どこまでが屋内・室内なのか、またどこまでがラインまで説明しますね。

SPONSOR

屋内・室内はドローン飛行OK

200g以上のドローンを飛行する場合、人口集中地区や人・物件から30m以内の飛行等は、航空法による違法行為になります。

これを一般的にドローン規制と言われているものですね。

もし飛行させる場合には、一定以上の操縦能力や知識・安全対策等を持ち合わせた上で、国土交通省に申請を出し、許可承認を得ます。

しかし飛行時間や技量等でなかなかハードルは高いもの。ドローン規制の無いエリアや条件等で飛行させる場合が多いようです。

「では、ドローン規制のあるエリアでも、屋内・室内なら?」と疑問が湧きますよね。

答えは、屋内や室内ならドローン規制は一切ありません。

この航空法にかかっている要件は、屋外での飛行のみなのです。つまり、空のある場所はドローン規制があり、空のない屋内や屋外は規制対象外なので、たとえ人口集中地区内でも飛行は可能なのです。

極端なことを言うと、渋谷のど真ん中での屋内施設だとしても、国土交通省の許可承認がなくとも200g以上のドローンを飛行できるのです。

(補足:200g未満のドローンは航空法の対象外の機体なので、人口集中地区でも飛行可能ですよ)

では、屋内・室内はどこまで?

屋内・室内でドローンはOKなのは分かりましたが、「では、どこまで?」と思いますよね。

簡単に言うと、四方八方(上下左右のすべて)が閉ざされた空間であり、ドローンが外に出ないのが屋内・室内です。

つまり、外に出ていくことのない空間、と言えば分かりやすいですね。

例えば、学校の体育館。窓を締め切った状態なら完全に密閉された空間=屋内ですね。同様に東京ドームでも、上下左右ともに締め切っている状態なら、屋内と言えます。

では、周りだけが囲まれた場所は?

フットサル

例えば、こんなフットサル場を見てみましょう。

屋根があって、周りはシートで覆われていますが、ゴールの部分だけ外部とつながっています

なんだか微妙な画像ですが…(笑。

これは、上記の話から考えると、屋内とは考えられず、屋外になってしまいますね

ドローンがこの外部とつながっている場所から、外に出れてしまうからです。

国土交通省が定義する「室内と屋内」

この件に関しては、国土交通省のドローン関連のQ&Aページに記載があります。

Q.ゴルフ練習場のようにネットで囲われたようなところで飛行させる場合も許可が必要ですか 。

A.無人航空機が飛行範囲を逸脱することがないように、四方や上部がネット等で囲われている場合 は、屋内とみなすことができますので、航空法の規制対象外となり許可は 不要です。

国土交通省「無人航空機のQ&A」より引用

ドローンが飛行範囲を逸脱しないよう、四方や上部が囲われているのは屋内とみなす、と記載があります。

逆を言えば、1部が囲われていない場合には、(例えば三方)は屋外になると考えられますね。

そう考えると前述の画像のフットサル場はNGになるわけです。

どんな屋内・室内で飛行できるのか?

上部・四方のすべてが囲まれている空間です。

200g以上のドローンが、ドローン規制内だけど許可承認なしで屋内で飛行できるは…

  • 学校の体育館(※ほとんどの理由で借りれないですが)
  • 四方八方が囲まれているフットサル場
  • 会社の会議室
  • コンサートホール
  • 工場 などなど

このあたりがドローンが現実的に飛行できる屋内・室内なのではないでしょうか。

ただドローンはあっちこっちと飛行できちゃうため、よほど広い空間でないと安全ではありません。飛行技量を考えた上で飛行可否を考えないと、衝突する確率は屋外よりも格段に上がります。

あとがき

屋内・室内ならドローン規制は一切ないので、誰でも飛行可能です。

とは言っても、ブンブンと飛行できるほどそこまで広い屋内スペースはないんですよね。ちなみに、東京ドームを約2時間ほど貸し切りすると35万円~55万円です。

施設管理会社がOKを言うか分かりませんが、そんな広いスペースも借りれたらドローン飛行できる話でした。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#