ドローンの撮影価格を比較する前に?私が考える料金の裏側とは。

ドローンの撮影価格を比較する前に?私が考える料金の裏側とは。

こんにちは、ドローン操縦士(ドローンカメラマン)の早川です。

ドローンの撮影(空撮)を業者に依頼する際に、いろいろと比較対象されるはずです。

そのときにきっと思われるのが「何を基準にすればいいのか分からない」「価格や料金の相場が分からない」です。

実際に、ご依頼を頂いた広告制作会社さんから「他社から見積もりを取ったんだけど、ブログで解説してよ~」とご質問を受けました。

リクエストを頂いたので、多くの方が疑問に思われている見積もりの質問に答えてみます。

また、私にご依頼頂いたクライアントが「早川さんは、実績をお持ちなのにリーズナブルですね」と言われますが、「いやいや、違いますよ~」と普段説明している料金の裏側もお話しますね。

SPONSOR

 高いの?安いの?よく分からない…

さて、ドローンでの撮影(空撮)を依頼すると、たくさんの業者がいますよね。(私もその1つですが(笑)

「料金を見ても項目がたくさんあって、高いのか安いのかが全然わからない。ピンきり過ぎるよね」とそんな話を依頼を頂いたクライアントから良く耳にします。

「最初は数万円だったのが、どんどんと見積額が上がっていって、数十万になってビックリしたよ!相場を教えてよ!」とも聞かれるのですが、正直なところ、クリエイティブな世界では相場はあんまりないのです。例えばWEB制作も、デザインも、映像編集も…。

何をどうしたいのかによって、料金差はどうしても生まれてしまいます。またドローン撮影業者の考え方によっても、差異は生まれます。

例えて言うのなら、美容院。

カット料金が1000円の美容院もあれば、8000円の美容院もあります。髪を切るというサービスなのに、値幅は広いですよね。

さらに、ロング料金があったり、ヘッドスパのオプションがあったり、最終的な金額は個々の美容院によって変わります。

端的なイメージで言うと、ドローンの撮影も美容院と同じような料金差があります。

でも「なぜ、その撮影費になるのか?」というのは、ご依頼する側として知っていて損はありません

ドローン撮影(空撮)の料金の決まり方について、大雑把にですがご説明します。

撮影費用にあたる3つ基本構成

ドローンの撮影(空撮)の料金は、「人」と「時間」と「機材」の3つで構成されています。

この3つのコストをどう調整するかによって、見積額が変わってきます。(さらに言えば、できあがるクオリティも3つによって左右されます)

※この先にズラズラとその内訳を記載しますが、根本的な考え方は見積もりのほとんどは「人件費」だと思って頂いてOKです。

「人」にかかるコスト

人間が動けば、それだけコストはかかります。ここでいう「人」にかかるコストは…

  • 撮影者(操縦者)のスキル
  • 撮影担当の人数
  • 営業担当の人数 など

分かりやすいのはスキルですね。著名な撮影者なら実績が伴っているため、コストは高くなります。(例えていうならイチローですね。高コストだとしても、球団は手に入れたいのと同じです)

また撮影するときに、2人体制・3人体制になれば、人にかかるコストは2倍・3倍にもなります。撮影とは関わらない営業担当を抱えていたら、その人件費も上乗せされていきます。

「時間」にかかるコスト

こちらも同様に、人間が動けばそれだけ「時間」が消費されていきます。ここでいう「時間」にかかるコストは…

  • 撮影日数
  • 撮影地への移動時間
  • 撮影予備日の日数
  • 申請に掛かる時間 など

撮影準備を含む、撮影に係るすべての時間です。1つの撮影に多くの時間を割いた場合には、その分のコストを上乗せされていきます。

例えて言うのなら、14日分の工数がかかって費用が数万円だとしたら、時給で計算すると数百円で即破綻します。時間と比例して、コストも上昇していくのです。

またドローン撮影には、天候リスクも存在します。

どんなに晴れていたとしても、風の影響があった場合には撮影はできません。通常の地上の撮影よりも撮影ハードルは高く、実施できるまでの「時間」もコストとして上乗せされていきます。

「機材」にかかるコスト

ドローンの機材費としてイメージしやすいですね。

  • ドローンの機材
  • 対人対物保険料・機材保険料
  • メンテナンス費用

安価な機材を使用していれば、1撮影にかかるコストは抑えられますが、高価な機材を使用するとなるとコストを上げてペイしていかなければなりません。

汎用機材を使用するのか、特殊な機材を使用するのかによって、値幅も大きくなります。(レンタカーで、ヴィッツのレンタル料金とBMWのレンタル料金が異なるのと同じですね)

見積もりの内訳

上記の3つのコストがベースになって、各社の見積もりが作られていくわけです。

それでは実際にクライアントに解説を頼まれた「見積もりの内訳」を考えていきます。※数字も項目名もボヤかしています

建物の空撮見積もり

とある建物を撮るために、そのクライアントは見積もりを依頼したのですが、大雑把に下記のような項目だったようです。

初めてドローンの撮影を依頼するので「よく分からない!」と嘆いておりました…

◯◯物件ドローン撮影費
1.基本撮影料 ×1 10万円
2.飛行申請料 ×1 3万円
3.機体使用料 ×1 5万円
4.フライト料 ×3 9万円
5.出張料 ×1 2万円
合計   29万円

確かに見慣れない項目名が並んでしまうと、「それは何なの?必要なの?」と疑問に感じるかもしれません。

しかし相手側から出てきたものなので、最終的に判断するのは合計金額のみになってしまいます。

では、一般的な見積もり項目の解説をおこないます。

1.基本撮影料

ドローンの撮影(空撮)にかかるセッティングやディレクション(全体調整)です。

通常のスチールカメラによる撮影とは大きく異なり、ドローンはガッツリと法律の対象となり、場合によっては厳しい制限がかかります。

そのため撮影できるか否か、どうすれば撮影できるかなどのセッティングは欠かせません。

もし撮影依頼があったとしても、実際の撮影時間よりも、この調整時間のほうが遥かに時間がかかることが多々あります

「人」「時間」のコストがかかるという点で、基本撮影料が設定されていると思われます。

2.飛行申請料

ドローンは航空法によって飛行制限がかかっています。

人が住んでいないようなローカルなエリアなら法律対象外になり得ますが、業務用途で撮影となるとほとんどは法律対象エリアもしくは対象条件にかかります。

その飛行制限を解除するために、国土交通省に飛行許可の申請をして、許可書を取得します。(実績がない場合には、審査に落ちます)

申請書を作成し、国土交通省とのやりとりを行うのには、やはり「人」「時間」のコストがかかります。

3.機体使用料

ドローンにはいくつか種類があります。

お手軽なドローンや、高画質なドローン、またVR撮影ができるドローンなどなど。それぞれ機体の値段は異なるため、使用する機体に合わせてコストを上乗せしていきます。

前述の「機体」のコストは、まさにこの項目ですね。

4.フライト料

ドローンの飛行燃料は、バッテリーです。使用機体にもよりますが、10~30分程度で1バッテリーを消費します。

より多くの撮影をする場合には、このバッテリーの消費本数によってフライト料を定めています。つまり、時間制で撮影しているということですね。

例えて言うのなら、居酒屋の飲み放題でしょうか?

1時間なら1000円、2時間なら2000円…といった具合で、時間内でどれだけ飲むのか(!?)というのと同じでしょうか。

今回の見積もりに入っている「3フライト」というのは、3回分のバッテリーが加算されているわけです。

ここもスキルという点での「人」、また拘束時間という「時間」のコストが発生しています。

5.出張料

名前の通り、現地までの移動費(交通費)ですね。

近ければ近いほど出張費は安価になりますが、遠ければ遠いほど交通費も高くなりますし、実質的な拘束時間も長くなるため割高になります。

「人」「時間」のコストがかかるわけです。

※ドローン操縦士の派遣会社の場合、この合計金額に手数料が加算される

ドローン操縦士を何人も登録させて、派遣だけを行っている派遣会社(別名:マーケットプレイス)では、上記の金額に手数料が加算されます。

撮影に係る調整費および派遣会社の利益として数万~数十万円が乗っかるわけです。その分の業務を行っているので、当然といえば当然ですが。

最終的に、クライアントに提示される見積もり合計金額は割高になる場合があります。

コストを安く抑えるのは正解なのか?

クライアントによっては「とにかく安く!とにかく安く!」と、安さ最優先で業者を探されている方もいらっしゃるかもしれません。

実際に、複数のドローン撮影業者に見積を出したとしても、その値幅は大きいかと思います。安いところは数万円、高いところは数十万円といった具合に。

では、この異なる金額だとしても果たして「撮影できるかどうか?」を考えると…、答えは「すべての業者で撮影できます」ですね。

ただし、スキルも作業工程も使用機材も異なるので、まったく同じ撮影物はできあがりません。

大切なのは「クライアントの目的にかなうクオリティ」が担保できており、「費用とのバランス」が取れているかです。

これを無視してしまうと「安かったけど、映像として全然使えなかった」「必要充分過ぎる機材を使っていて高かった」になります。コストが安くても良いというわけではなく、高くても良いというわけでもありません。

例えて言うのなら、新築一軒家の建築メーカーですね。

500万円で建てるメーカーと、1800万円で建てるメーカーがあったとして、安さ最優先なら圧倒的に前者です。しかし、オーダーは通らなく、住んでみたら不具合ばかり…。ただし、雨風はしのげて一応は住めます。

何度も言いますが、「クオリティと費用とのバランス」を考えて、「ドローン撮影(空撮)で得たものの価値」とを計ると失敗は少ないです。

私が考える価値の提供方法と価格・料金について

さて、ここからは私早川の考える価格についてです。

「早川さんは実績をお持ちなのに、他と比べるとリーズナブルですよね」と言われることが多々あります。このコメント、実は返答に大変困ってしまうのです。

私自身は他と比べることはしておらず、ただ単純に「適正な価格」をサービス料として提示しているだけだからです。

クライアントが得る価値=価格にする

私自身は、もともとは制作会社に10数年勤めていました。

ディレクターとして全体調整や、カメラマン・ライターなどのパートナーとの調整など多岐にわたって制作物の完成へと進めていくのです。

当然ながら、パートナーとの費用やスケジュール調整をおこない、適正なギャランティーで依頼をしていました。

この時の基準は制作物として、得るものの価値です。

私がドローンで撮影をおこなう際に、まず考えたのが価格です。「自分自身がディレクターなら、空撮で得られる価値はいくらだろう?そして、いくらなら支払えるだろう」ということ。

映像や広告、その他全般を含めてディレクターとしてドローン撮影(空撮)で支払える価値は5~8万円前後だと、今まで経験で判断しました

10万円以上は、どうしてもエンドクライアントの負担が大きすぎて価格と価値が釣り合わないからです。

足し算ではなく、引き算で撮影費をつくっていく

前述の見積もりやコストに対する考え方というのは、足し算でおこなっているものです。

例えば、人件費として◯万円かかるからプラスする、さらに申請費がかかるからプラスする…という考えですね。

価格に対する利益を確保しやすいというメリットはある一方、クライアントの価格に対する価値を無視しがちになるデメリットもあります。

私が考えるのは、引き算での撮影費です。

1回あたり5~8万円で提供できるサービスをつくっていく。さらに撮影クオリティを落とさないようサービス化にする。ここを出発点にして引き算しています。

例えば、営業コストをゼロにする。使用する機材も限定し、特殊な機材が必要なドローン撮影はご遠慮する。見積もり作成のコストをゼロにする。

不要であろうサービスを削っていき、合理化することによって「適正な価格」を作り上げ、無駄な場所にパワーをかけずに、その分「撮影のクオリティ」にパワーをかける

そのような引き算型で作り上げることによって、よりシンプルなサービス提供を実現したかったのです。

削るとことは削ってシンプルに

そのシンプルなサービス提供のために、「人」「時間」「機材」のコストをバッサリと(笑

前述したとおり、例えば…

1.宣伝・営業コストをゼロに

広告宣伝費は一切かけておらず、営業マンもいないので負担もゼロです。もし営業マンがいたら、稼働率を考えると撮影費は2倍以上になるはずです。

2.打ち合わせは電話・メールに

約95%の場合、電話・メールで解決して撮影実施しています。どんな業種も同じですが、訪問打ち合わせは人件費が発生します。移動時間・打ち合わせ時間・戻り時間を計算すると、ざっと半日を消費。やむなくクライアントの費用負担が増加するのは、やはり避けたいのです。

3.ドローン飛行申請の効率化

申請書作成にかかる時間は、慣れない人だと半日~まる1日かかります。しかし、もう何十申請もおこなっているため、私の場合は30分で完了、ミス無く許可を頂けます。慣れるという点で「人」「時間」のコストを軽減します。

4.使用機体の合理化

撮影に充分な能力を持っている機体のみ所持しており、特殊なドローンが必要な撮影(例:VR)はお断りしています。所持している撮影用ドローンだけでも、映画やテレビ等の撮影をすでにおこなっており必要充分です。

その他にも…

数多くの箇所で効率化・合理化をおこなっており、「人」「時間」「機材」にかかる無駄なコストを省いています。その内訳は内緒ですが(笑

でも、必要な箇所は存分にパワーを掛ける、理念のままに。

削って削って削って…、そうするとクオリティも削られてしまうのでは?とお感じかもしれません。

しかし、クオリティを削ってしまえば、クライアントが得る価値も削られてしまいます。

そもそもなのですが、私自身の理念はドドーンとWEBサイトに記載している「まだ出会えていないワクワク感を」提供することです。

世の中をワクワクさせたい。

そのツールとなるドローンを使用して、ワクワクさせるクオリティを提供する。

この根本は揺らぎません。

だからこそ、クオリティだけは常に追い求め、常に最大限の価値を提供することが本望なんですよね。

手の届く適正な価格と、最大限のクオリティーを提供する

ちょっと前に記載しました↓

ただ単純に「適正な価格」をサービス料として提示しているだけだからです。

は、ドローンによる空撮が「手に届く適正な価格」であるからこそ、より多くの方へワクワク感を広がらせたいためです。

さらに、10年以上のクリエイターかつディレクターをバックグラウンドに持ち、映画・テレビ・CMなど数多くの実践経験を持っている操縦者が、最大限のクオリティーを提供する

つまりクライアントは、手の届く適正な価格で、最高のパフォーマンスを得られるのです。

これこそが「クオリティと費用とのバランス」「ドローン撮影(空撮)で得る価値」に繋がると私は考えています。

あとがき

前半・後半と長くなりましたが、結局のところ、何かを求めていけば価格は高くなっていきます。

その高くなる要素のほとんどは、人件費だからです。

その人件費をかけていくのか、セーブしていくのか、そのバランスが見積書として数字に現れているのです。

ぜひドローン撮影業者を比較する前に、価格だけではなく「得る価値」も基準に判断してみてはいかがでしょうか?

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#