ドローン飛行に!簡単な「人口集中地区」の調べ方。

ドローン飛行に!簡単な「人口集中地区」の調べ方。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

200g以上のドローンを飛行させる時に、まず最初に確認が必要なのが「住宅密集地」というもの。

この住宅密集地に該当していると、国土交通省に申請・許可が必要になってくるからです。この申請の手間を考えると、住宅密集地以外で飛行させたいのですが…

いやはや、きちんと調べないといけません。

そこで人口集中地区の調べ方を紹介します。やはり簡単にスムーズに調べたいですよね。

SPONSOR

人口集中地区の定義とは?

そもそも人口集中地区とは何なんでしょうか?

市区町村の区域内で人口密度が4,000人/km²以上の基本単位区(平成2年(1990年)以前は調査区)が互いに隣接して人口が5,000人以上となる地区に設定される。ただし、空港、港湾、工業地帯、公園など都市的傾向の強い基本単位区は人口密度が低くても人口集中地区に含まれる。

英語による”Densely Inhabited District”を略して「DID」とも呼ばれる。

引用:wikipedia「人口集中地区」より

ひとことでまとめてしまうと、ある一定の数値で人口密度が高い、ということです。

ドローン飛行にとって、忘れてはいけないのは「ドローンは落ちる」ということ。ドローンが落ちたところに人がいたら、間違いなく人命に関わります。

人口集中地区ではその可能性が高いという判断で、ドローン飛行の規制が入っているという認識が容易にできますね。

人口集中地区の調べ方

人口集中地区

一番簡単な方法は、国土地理院サイトの利用です。

ここならスムーズに、簡単に、ログインなど不要で人口集中地区を調べられます。

手順1. 以下のURLにアクセスする

手っ取り早いのが以下のリンクから調べることです。

地理院地図「人口集中地区H22年(総務省統計局)」

手順2.スクロールする

マウスのスクロールを利用して拡大縮小をおこないます。さらに右クリックを押しながら地図の移動も可能です。

赤い場所が人口集中地区と分かりますね。以上です!

これでドローン飛行の申請が必要・不要が明確になりますね。

地理院地図で出来ること

さらにこの地図を利用して、こんなことができるというのもおまけとして紹介します。

ギリギリまで判別できる

人口集中地区のギリギリ

拡大をし続ければ、人口集中地区との境目が分かるスグレモノです。

どこから申請が必要・不要というのが明確になりますね。やはり人間の心理的なものですが、ギリギリ赤い場所だったら、ちょっとでもズレて白い場所で飛行させたいものです。

座標や標高が分かる

座標と標高

画面上の下にある黒い矢印をクリックすると、+地点の座標や標高が分かります。

空港事務所など関係各所に申請をする際に、住所よりも座標で申請したほうが、より正確な回答をもらえやすい印象が個人的にあります。

確実な情報を伝えるためにも、この座標の使い方も覚えておきたいですね。

赤いエリアは国土交通省に要申請

上記のマップ上で、赤い場所は人口集中地区と理解頂けたかと思います。

もし重量200g以上のドローンを赤いエリアで飛行させるには、国土交通省に申請・審査・許可が必要です。

無許可飛行で法律違反すると、罰金刑になります。

⇒参考:実質的な判例に!?ドローン無許可飛行で罰金20万+前科一犯。

また許可が取れたとしても、ブンブンと自由に飛ばせるわけでは一切ありません。安全管理のために、操縦者以外に人員を確保したり、飛行ルートの制限がかなり付きます。

正直なところ簡単な話ではないので、無理はしないほうがいいかもしれません。

あとがき

ドローン飛行にとって「人口集中地区」は共存しなくてはならないものです。

勘違いしてはいけないのは、人口集中地区以外だからと言って「自由におもいっきり飛行できる!」と思わないこと。

マナーやモラルなど細心の注意を払って飛行させましょうね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#