Phantom3のカメラキャップ(レンズカバー)を購入してストレスフリー。

Phantom3のカメラキャップ(レンズカバー)を購入してストレスフリー。

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

Phantom3が高性能だと言われている1つが、安定した空撮ができるカメラです。

3軸ジンバル+カメラは、まさにPhantom3の命とも言えますね。

飛行させているときはピンっとしているのですが、電源を落としているとダラっ~とチカラが抜けている状態。この状態で持ち運びをすると故障の原因になってしまうので、付属品の固定器具を付ける必要があります。

しかし、標準のカメラ固定器具はパカパカと外れてしまったり、取り付ける方向を考えないといけなかったり、ストレスになりがちでした。

たまたまネットで見つけたカメラキャップをつけたらストレスフリーになったので紹介します。

SPONSOR

気の抜けたカメラさん

気の抜けたカメラ

電源を落とした時の、このカメラの様子、何度見ても不安になってしまいますよね。

気の抜けてダラ~っとしているカメラ。地面についてしまいそうな、頼りない感じです。

持ち運ぶときには、透明のプラスティック製の固定器具をつけるのですが、いまいちつけにくいのがストレスでした。

そこで、購入したのがPhantom3のアドバンス・プロフェッショナル専用のカメラキャップ(レンズカバー)です。

ピッタリとカメラを支えるカメラキャップ

カメラキャップ

Anbee製造のカメラキャップは、アドバンス・プロフェッショナル専用。

 

シンプルな作り

シンプルな創りですが、うまい具合にカメラ・レンズの保護および固定をしてくれます。

 

固定も簡単

3軸ジンバルの土台に挟みこむようにセッティングをすると、ちょうどカメラ・レンズもすっぽり入ります。

固定をしながらレンズも守る。これはなかなかの逸品!

しかも取り付けは、わずか2秒でできてしまいます。煩わしさが無くなって、本当にストレスフリーになりました。

あとがき

アドバンスとプロフェッショナル限定ですが、これを考えた人に感謝したいくらいオススメです。

カメラの固定で悩んでいたら、試しに買ってみてください。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#