ドローン(Phantom3)は飛行機に持ち込めるのか?

ドローン(Phantom3)は飛行機に持ち込めるのか?

こんにちは、ドローン操縦士の早川です。

ドローンでいろいろな場所を空撮してみたいと思いますよね。

例えばドローンとともに国内線の飛行機に乗って、国際線の飛行機に乗って旅をする。

そんな時に疑問になるのが「ドローンって飛行機の機内に持ち込めるのか?」ということ。

飛行機という特殊な環境なのでいろいろな規制が出てきそうですが、実際にはどうなのでしょうか?

SPONSOR

結論から「持ち込める」。ただし注意が1点。

単刀直入に言うと、ドローンは飛行機に持ち込めます

200gの小型ドローンも、1kg強の中型ドローンも。航空会社が定めた機内持ち込み手荷物・預け手荷物の大きさの範囲ないだったら大丈夫です。

チェックイン時に預け手荷物で、他の荷物とごった返しになるのはちょっと心配ですが、その時は機内に持ち運べるサイズにしてドローンを持っていくのもいいですね。

ただし、1つだけ飛行機の持ち込みで制限がかかるのものがあります。

リチウムイオンバッテリーは必ず「機内持ち込み」

見落としがちなのがバッテリーです。

バッテリーは電力を発生させることのできる、言わば危険物にもなりかねないモノです。

実際に、国土交通省から「安全な空の旅のために…」という広報用サイトでは、下記のようにリチウムイオンバッテリーに制限があることを伝えています

battery_air

政府広報オンライン:条件付きで飛行機に持ち込めるものは?より引用

 

例えばPhantom3のバッテリーは、68Whです。

上記の表に当てはめると、個数無制限で「機内持ち込み手荷物」のみで運べます

つまり、ドローン機体はカウンターで預けて(預け手荷物)、バッテリーだけは機内持ち込み手荷物というように、別にして飛行機に持ち込むことになります。もちろん両方共に機内に手荷物で持ち込んでもOKです。

幸いなことに、個数制限に引っかからないので、何個も持っていけますね。

また、航空会社によっては制限の有無や国によって微妙に取り扱いが異なる場合があるので、その際には指示に従うしかありません。

ちなみに計算式は・・・

ワット時定格量(wh)=放電電圧(V)×電流(mA)×時間(h)÷1000 となります。

  • Phantom3バッテリー : 15.2V×4480mAh÷1000 = 68.096Wh
  • Phantom4バッテリー : 15.2V×5350mAh÷1000 = 81.32Wh
  • INSPIRE1バッテリーTB47 : 22.2V×4500mAh÷1000 = 99.9Wh
  • INSPIRE1バッテリーTB48 : 22.8V×5700mAh÷1000 = 129.96Wh

実際に飛行機に手荷物として持ち込み

drone_in_airport01

国内線でPhantomを持ち込んだ写真です。

背負っているシェル型バッグの中には、撮影時、ドローン本機+バッテリー3つを積んでいます。

drone_in_airport02

余談ですが荷物入れにもすっぽり入るサイズなので、手荷物でも置き場に困りません。

あとがき

トラブルにならないように、ドローンの飛行機の持ち込みには充分に配慮や知識を持っておきたいですね。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#