【お悩みの方必見】ドローンスクールの長所・短所は?説明体験会に行ってみた

【お悩みの方必見】ドローンスクールの長所・短所は?説明体験会に行ってみた

こんにちは、ドローンカメラマンの早川です。

ドローン操縦士やドローンパイロットに憧れて「ドローンスクールって有るのかな?」と探しますよね?

そんな方のために、ドローンスクールのイロハ全国にあるドローンスクール、そして長所と短所をまとめてみました。

どのような内容なのか?金額はいくらなのか?どこまで学べるのか?など気になる情報を比較しています。

また実際にドローンスクールの見学体験もおこなってきましたのでそのレポートもありますので、検討の1つにして頂けたら嬉しいです。

※最新情報は各ドローンスクールのWEBサイトで確認ください

Contents

そもそもドローンスクールとは何?

ドローンを操縦する女性

「ドローンスクールとは何なのか?」というところからご説明しますね。

ドローンを飛行させるのに「免許」「資格」は一切は必要ありません

いきなり衝撃的な話ですが、ドローンを飛行させるにあたって「免許」「資格」は不要です。

ドローンメーカー基準のドローン操縦の年齢制限(18歳以上)はありますが、ドローンは誰でも飛行できます。

そう、今日からでもあなたはドローンを飛ばせます!(やったー!もうドローン操縦士・ドローンパイロットですね!)

ドローンスクールを一言でいうと「塾」みたいな場所である

免許が必要ないならスクールは不要なのでは?と思うかもしれませんね。

そこで分かりやすく言い換えると「ドローンスクールとは、ドローンを操縦する上で必要な知識や技術を学べる場所」

つまり、塾みたいなものです。

ドローンに関わる法律や基礎的な操縦方法を身につけるために、誰かに教えてもらいたいと考える人もいますよね。

そのときにお金を払って学べる場所=塾と考えると手っ取り早いですね。

どのような人がドローンスクールに向いているのか?

前述のように、ドローンは誰でも飛行させられます。

ただし、航空法の対象になっており違法すると罰金刑になったり、操縦スキルがないとロスト(紛失)やクラッシュ(衝突)させてドローンを壊してしまう可能性も高かったりします。

地上で撮影するカメラとは大きく違い、各法令に抵触する比較的リスクのあるのがドローンです。実際に航空法で書類送検された人は、マジメに何人もいます…。

自分自身で独学することも一応可能ですが、

  • 「お金を払ってでもゼロから学びたい」
  • 「できるだけリスクを軽減したい」
  • 「時間がないからササッと学びたい」

と願っている方にとってはピッタリと言ってもいいですね。

より具体的に、いまドローンスクールに通っているひとはどんな人?

実際にスクールに通っている人はどんな人かと言うと…

  • 企業でドローン業務が必要になって会社命令で学んでいるサラリーマン
  • 手っ取り早く知識を手に入れて趣味でドローンを始めたいご年配者

の2パターンが多い印象です。

特に前者の会社勤めの方は、測量会社だったり、映像制作会社だったり、公務員だったり、多岐にわたります。

業務上で必要となったから多少お金がかかっても習得して、そのままビジネス業務をおこなうのでしょうね。

どのくらいの費用と期間がかかるのか?

スクールと言っても半年や1年間に渡って通うものではなく、平均的に2~4日間で完結するスクールです。費用はおおよそ18万円~35万円。

基礎的なことを身につけて一定レベルのテストに合格すると認定証をもらって卒業という流れです。

国土交通省から認定を受けているスクールの場合は、この認定証が役立つ場合があります。

ここまでのまとめ(長所・短所)

記事の途中ですが、ここまでのまとめです。

ドローンスクールの長所は…

  • 短期間で知識、法律を学べる
  • 一定水準の飛行技術を学べる
  • 卒業時の認定書が若干役立つ

対してドローンスクールの短所は…

  • 授業料が高い(30万円以上)
  • 基礎的なレベルまでの習得にとどまる

あくまでドローンを安全に飛行できるというレベルまでがスクール(=塾)の役割です。

法律違反のリスクを軽減し、基礎レベルの操縦技量を身につける。その後、どうビジネスに活かすのかは本人次第です。

ドローンスクールの主要団体は主に2つ

スクール団体は2つ

日本全国にドローンスクールは点在しています。

主要団体が教材やカリキュラム等を制作して、その教材を加盟店が利用。加盟店はスクール名を掲げて「スクール運営」しています。

簡単に言うとフランチャイズですね。

セブンイレブンという看板をもとに、各地の企業がオーナーとなってセブンイレブン店舗を出す。

ドローンスクールも同様に、直営校があったり認定校(フランチャイズ)があったりします。

まずは、おおもとになる団体を紹介します。

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA:ジューイダ)

日本で最初に組織化したのがJUIDAという団体です。

どのような団体かというと・・・

無人航空機システム(UAS:Unmanned Aircraft Systems)の民生分野における積極的な利活用を推進するとともに、UASの応用技術の研究開発、安全ルールの研究、人材育成、環境整備に努め、UAS関連の新たな産業・市場創造、健全な育成と発展に寄与するために、さまざまな事業を行います。

JUIDA「FAQ」より

というわけで、ドローン関連のイベントやスクール指導をおこなっている社団法人です。

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA:ディーパ)

もうひとつはドローン操縦士協会。名前がそのまんまですね。

ドローン操縦士の技術、技量の健全な発展を図り、航空の安全確保につとめ当該技術、知識の普及と諸般の調査研究を行うことを目的とする。

ドローン操縦士「協会案内」より

操縦の技量の発展等がメインでしょうか。全国に40拠点のスクールを展開予定とのことで、なにかと力を入れている団体です。

ドローンスクールの全国一覧

では、ここから先はドローンスクールを開講している場所などを紹介します。※順不同です

DSJ東京中目黒校 / 東京

DSJ東京中目黒DSJ東京中目黒校

東京にあるドローンスクール。受講数関東1位の最大手です。

ここの特徴はなんと言っても無料説明会の充実っぷりです。

  • ドローン操縦当日無料体験
  • ドローン入門マニュアル など

が説明会に行くだけついてくる特典があります。「ドローンってなんだろう?初心者だから」という方にはメリットが多そうですね。

会場は都営新宿線の急行が停まる「船堀駅」より徒歩9分。広い屋内倉庫を改装しているため、雨天でも関係なく参加できます。平日でも週末でもWEBフォームから簡単に予約できるようですね。

お手軽に参加できるドローンスクールです。

※無料説明会に行ってみたレポートがこの記事の後半にあります

日本ドローンアカデミー / 東京

日本ドローンアカデミー日本ドローンアカデミー

2016年5月にスタートした日本ドローンアカデミー。JUIDA認定している老舗スクール。

実習時間の長さと「平日コース」「週末コース」の選べる日程が特徴。専用屋内練習場、郊外の屋外練習場、そして合宿と豊富。

説明会は東京の五反田で開催しています。月に何度も平日・週末ともに設定されているので参加しやすいですね。

秋葉原ドローンスクール / 東京

秋葉原ドローンスクール秋葉原ドローンスクール

秋葉原から徒歩1分の田中電気株式会社が運営するJUIDA認定スクール。

運営会社が保有するビル・グラウンドを利用して、講義は秋葉原でおこない、実技はさいたま市。

卒業生には無料で再試験が無料だったり、卒業生は練習場が無料利用できたりする特典があります。立地にメリットが有るため「利便性が良いスクールが良い」という方は良さそうです。

ドローン操縦士養成スクール / 東京

東京都中央区にある有限会社トラストが開講しているドローンスクールです。一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)が認定しているスクール。

ドローン操縦士(パイロット)養成コースとして、受講料35万円、座学12時間(2日間)実技12時間(2日間)というスクール内容です。

その他に安全運航管理者というのもコースを開講しています。

ドローンスクールジャパン / 神奈川

神奈川県高座郡にあるドローンスクールジャパンです。

日本最大の屋内練習場があったり、ドローンの分解・組み立てなどがあるほど中身が濃いです。

座学・実技を合わせて2日とホームページ上では、情報が少なすぎて参加検討しにくいのが現状です。

FUTABA ドローンスクール / 千葉

千葉県の長生郡にあるFUTABA ドローンスクールです。

双葉電子工業といえば、ホビー用ラジコンで耳にしたことがある方もいるかもしれませんね。受講料30万円(税別)、座学1日(7時間)実技4日(28時間)。注意事項として、ドローンの持ち込みはNG、送信機モード1に制限されていることです。

無人航空機操縦技能者・安全運航管理者養成スクール / 静岡県

静岡県沼津市にあるNDMC。こちらもJUIDA認定スクールです。大きな競技場を貸しきって実技ができるのが特徴です。

受講料33万円(税込)、座学・実技、トータル5日間の講義とのことです。

つくばドローンスクール / 茨城県

茨城県つくば市にあるJUIDA認定スクール。自前で所有しているつくば試験飛行場を利用できます。

無人航空機操縦技能コースの内容は、受講料36万7200円(税込)、座学2日・実技2日。実技はつくば市なのですが、座学は筑西市なので気をつけましょう。

デジタルハリウッド(ドローン専攻) / 東京

クリエイターのスクールとして有名なデジタルハリウッド。ここもJUIDA認定スクール。

毎週土曜日・日曜日10:30~14:30と通いやすい時間帯で設定しています。受講料35万円(税別)、

11回のカリキュラム(4ヶ月間)。

※この他にもスクールが続々と開校しています

ドローンスクールの選び方は?

選び方

たくさんあるスクールですが「どう選べばいいの?」と悩んでしまいますよね。

そこで損をしないスクールの選び方の3つのポイントをお伝えします。

ポイント(1)開催場所と開催時間

もっとも大切なのは、場所と時間です。

わざわざスクールに通うのに、新幹線や飛行機に乗って通うのは馬鹿馬鹿しいですよね。

お住いのエリアにスクールがあって、なおかつ時間帯が合うような場所を探しましょう。場所と時間が合わなければ「結局、通えなかった」となってしまいます。

ポイント(2)国土交通省の認定講習団体

せっかくスクールに通うのでしたら国土交通省の認定講習団体にしましょう。

国土交通省が一定レベルの技能や教材を利用している場合に「認定講習団体」になることができます。

この団体やスクールで認定証をゲットすることで、ドローン飛行の申請書の一部を省略可能になります。

同じような授業料を払うのならWEBサイトに「認定講習団体」かどうかを確認しましょう

ポイント(3)施設が充実しているかどうか?

スクールによって練習施設の有無が異なります。

屋外にだだっ広い練習場を構えているスクールもあれば、雨天でも練習できる屋内型のスクールもあります。

スクール側も施設の充実度を差別化しているので、実際にスクールを見に行って確認するといいですね。

実際に無料説明体験会に参加してみました

スクール無料体験

「見に行って確認するのがいい」と書きましたが、言いっぱなしだと良くないので、もう実際に無料説明体験会に行ってみました

行ってみないと分からないことが多すぎですから。

今回参加したのはDSJ東京中目黒校(船堀駅から徒歩9分)。どのような説明体験会なのかをレポートしますね。普通だったら聞きづらいことも、バシバシと聞いてみましたよ。

01.グループ単位での説明

説明を聞く

受付し終わったあとに最初に通されたのが、練習場横にあるブース。

「あれ、参加するのはわたし一人しかいなんですか?」と困惑。もっと5・6人くらい参加しているのかな?と思っていたのですが。

なぜわたしだけなのか聞いてみると…「説明は1グループ単位でおこなっています。参加者1~3人くらいですね。そのほうが参加者が質問しやすいんですよ」。

なるほど!確かに参加者が少ないほうが説明を受けているときに、躊躇なくパッと聞けます。現に「なぜ一人なんですか?」と聞いてしまいました。これが参加者6人となると、質問しづらい。疑問ばかり残って不完全燃焼で終わってしまいますね。

説明用の資料を見ながら、約20~30分くらいお話を聞きました。

ドローンの産業や法律、そして受講コースなどです。特に産業については、どの分野が有望なのか、成長性が有るのかなどデータで教えてくれるのは分かりやすいですね。

「ドローンをしようと目指す皆さんは、エンターテインメントとか映像制作の分野を目指そうとしますが、やっぱりこの分野ですよね?」と聞いてみると…「ぶっちゃけ、ここです。ダントツに伸びます」との返答。

いやはや、正直で偽りのない説明でした。普通は「どの分野も伸びますよ!」と嘘を言ってしまいそうなのですが。私のブログでも「これから成長するドローン分野はここですよ」と書いた内容とほぼ相違がなかったです。

説明を聞いていると担当の方が「当団体のDPAは、受講内容は実技をメインとしています。どれだけ技量を上げていくかに重きをおいているんです」とのこと。

「えっ!?実技がメインとなると、操縦するのがメインですよね?1回の受講人数が多ければ、1人あたりの操縦時間も減りますよね?それにバッテリーの数だって限界があるはずでは?」と突っ込んだ質問をしたところ…

「当団体DPAでは、インストラクター1人に対して受講者は3人までと決めています。さらに当スクールでは独自にインストラクター1人に対して受講者を2名までとしています。参加人数が多くて操縦が出来ないということはありません。それにバッテリーは…」

と裏の施設をこっそり見せてもらったら、バッテリーが何十個も保管されており、絶えず充電されている充電部屋でした。このバッテリーの量なら、もう飛ばし放題です(笑。

これだけ操縦ができるとなると、さらに疑問が生まれたので…「ドローンの操縦って、もともとトイドローンを持ってたら”上達度”が変わりますよね?トントン拍子に上手くなったとしても、受講の時間割の通りに進めていくと、その人は暇になりませんか?」

「時間割はあくまで目安です。上手くなったら時間割は関係なく、一人ひとりの習熟度に合わせてどんどんと先に進められます

受講する人数が同時に2名までとなっているため、インストラクターも柔軟に対応できるとのこと。そして気になるのが飛行時間10時間の話です。「国土交通省航空局に飛行申請を行う際には、”指導者のもと10時間以上の飛行実績”となっていますよね?もし受講したら、何時間の飛行になるのですか?」

「一般的にお申し込みをいただく2つのコースでの合計は11~13時間です。それだけ指導者のもとで技量を積み重ねられるのが当スクールのメリットですね」

他にもいろいろとお話を聞きましたが、丁寧に返答をいただきました。こういう説明会というのは不安がつきものですが、安心しやすいですね。

02.シミュレーター操縦体験

シミュレーター

これは面白いです!メチャクチャ本格的。

大画面を目の前にして、離陸・ホバーリング・着陸など操作するとあたかも飛ばしているのと遜色ない感覚でした。

「ここまでリアルだと、動き方を確かめられますよね!」

「そうなんです。動き方を見るだけではなく、いろいろなモードがあって、ホバーリング練習モードは円形から外れてしまうと大破するんですよ」と粉々になったドローン(たぶんMatris)が画面に…(笑。

シミュレーターの中だったらどんな動かし方でもドローンは壊れないのでリモコンの練習に最適です。コース受講中はいつでも練習できるそうですよ。

03.実機での操縦体験

操縦体験

説明会の参加者と同じように、私もドローンを飛ばしました。

うん、これは楽しい。絶対楽しい(笑。

ブゥーンと飛行音を出しながら、ゆっくりと浮上。バランスを取ってホバーリング。

GPSもビジョンポジショニングもない完全フリーな状態での操縦なので、必然的に技量は高まりますし、国土交通省の審査基準にもクリアしますね。

リモコンは2つに分かれていて、もしものときはインストラクターが修正してくれるので安心して操縦できます。

「ここまで体験できるのは、メチャクチャ贅沢ですよ!」と興奮しながら言うと「もう少し操縦してみましょうよ。前後の動きもやってみてください」と。

いやはや楽しい時間です。

04.すべての無料説明体験会を終えて…

無料説明体験会

ドローンに興味を持っていて「上手くなりたい」と思うのでしたら、とりあえず無料説明会に参加してみる価値はありますね。

  • ドローンの産業や成長分野など知れる
  • 少人数制なので聞きたいことを聞ける
  • 実機での操縦体験ができる

説明体験会はおおよそ1時間~1時間半くらいで充実した濃い内容でした。さすが、関東圏内で受講生No.1のドローンスクールです。

個人的にここが凄いと思ったのが、練習場の天井高。12mくらいあるのは珍しいです。天井が低いと圧迫感を感じて(初心者にとって)怖く感じてしまうんですよね。

これだけの天井高があって、なおかつ雨天も関係なく練習できる。ついつい「いい物件を見つけましたね!」と言ってしまいました(笑。

「この無料説明体験会はいつ開催されているんですか?」と聞いたところ…

「基本的には、ご参加者の都合に合わせていますよ。受付10:00~18:00で土日祝もOKです。」

つまり、自分の行きたい希望日時を伝えれば、いつもでも開催してくれるとのこと。大変ありがたいです。

他のドローンスクールでも説明会をおこなっていますが、今回参加させていただいたのは↓のDSJ東京中目黒校(船堀駅より徒歩9分)です。

DSJ東京中目黒DSJ東京中目黒校

 

 

スクールで卒業するとビジネスになる?

さて、忘れてはいけないのは、この話です。

前述のドローンスクールでも感じたことなのですが、ドローンのスクールに通って卒業したら「独立してビジネスをするぞ!」て意気込みの方は要注意です。

ドローンの基礎を学んだだけでは、独立してビジネスは成り立ちません。ドローンを操縦することと、ビジネスをすることは全く別です。

ドローンに限らず、どの業界でも言えることですね。例えば主婦がチャーハンを作れるからと言って、お店を出したら繁盛しますか??

あくまでドローンを操縦できるようになるだけであって、ビジネスをつくるのは本人次第です。

⇒参考記事:ドローン操縦士は儲かる?需要は?夢見る”甘いビジネス”ではない理由。

また「ドローン操縦士は新しい職業!」と思われがちですが、実際にはエンターテインメント系の空撮分野に限って言えば飽和状態です。

新しい職業というよりかは、すでに廃業している方が出ている下火職業とも言えます。さらに言えばAIによる自動操縦は、ドローンの大本命です。

ドローンスクールは知識や技量を身につけられる良いところです。

ドローンの産業としても、まだまだ未開拓な分野もあり、成長し続けるのは間違いありません。

その上で「ビジネスとしてどう活用していくのか…」それを考えるきっかけとして、そしてご自身の判断材料として「説明体験会に参加する」という考えで見に行ったほうが後悔しないと思います。

あとがき

ドローンスクールは2016年から始まり、徐々に全国にスクールが増えてきました。

どこがいいのかは、受講内容や日程、スクールの通いやすさなどを考慮するのはいかがでしょうか?

そしてビジネスとして独立したい方は、甘い気持ちを捨て去り、折れない信念を持って取り組まなければ失敗する可能性は高いです。「それでも!」と挑む人がスタートラインに立てると思います。

人気記事【ドローンを始めるなら】初心者向き200g未満ドローン、1万円以下のおすすめランキング

Profile

How about others?

#