2017年3月の代表的な撮影事例

2017年3月の代表的な撮影事例

こんにちは、ドローンカメラマンの早川です。

2017年3月の代表的なドローン撮影事例(毎月3例)ご紹介します。

※守秘義務のため、詳細は記載しないことご理解の程をよろしくお願いいたします。

SPONSOR

大学イベントの撮影

業 種

広告制作会社

撮影プラン

ロングプラン

目 的

大学イベントで撮影データを、映像・パンフレットなどに展開させるため

内 容

関西にある大学校内にて撮影。

大学イベントの様子を空撮して、スケール感や躍動感を捉えるためにドローンを利用

事前に国土交通省のイベント申請をおこない、監視員4人以上・カラーコーン等で念入りに安全対策を施しました。

イベントは1回切りの”なまもの”なので、その場で臨機応変に可能な範囲を探っていくのがポイントですね。

航行するクルージング船の撮影

業 種

クルージング会社

撮影プラン

ロングプラン

目 的

パンフレットや映像に利用する素材制作のため

内 容

東京湾を航行するクルージング船の撮影。

今までは別船からのスチール撮影でしたが、より臨場感やダイナミック感を出すためにドローンで空撮

船舶同士で連絡を取り合い、安全に撮影。

時速20km以上のスピードで常に並走しながらドローンをコントロール、滑らかな撮影をするのがポイントです。

 

学校のパンフレット撮影

業 種

広告制作会社

撮影プラン

ロングプラン

目 的

パンフレットの表紙および施設紹介用の素材撮影のため

内 容

各種学校パンフレットに差し込むために撮影。

広い敷地や特徴的な建物など、ドローンで立体的に表現し、今までにない画角から新しい見せ方を提案可能に。

素材としていくつも利用できるように、素材のストックを増やすよう撮影していくのがポイントです。

あとがき

関東エリア、そして関西への出張など各所で撮影していました。

ブログを書いていこうと意思はあったのですが、3月は5~6件と滞り気味で反省…。

4月はできる限り時間を作って、いい話を発信していきますね。

今回紹介していない事例等もございますので活用シーン等で検討されておりましたら、お気軽にご相談ください。お力になれると思います。

Profile

SPONSOR

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい
#