2017年4月の代表的な撮影事例

2017年4月の代表的な撮影事例

こんにちは、ドローンカメラマンの早川です。

2017年4月の代表的なドローン撮影事例(毎月3例)ご紹介します。

※守秘義務のため、詳細は記載しないことご理解の程をよろしくお願いいたします。

SPONSOR

ニュース番組の撮影

業 種

TV局

撮影プラン

ショートプラン

目 的

ニュース特番の紹介用映像を撮影するため

内 容

数百人収容できるホールにて屋内撮影。

客席の上空を飛行して、クレーンのような動きを演出するためにドローンを利用

屋内はGPSが入らないため一般的には難易度は高いですが、細かな操縦力や空間認識力があるとスムーズな映像を撮れます。

より安全ながらもダイナミックな見せ方を作るのがポイントですね。

製造工場の撮影

業 種

制作会社

撮影プラン

ロングプラン

目 的

記念式典用に紹介用映像を撮影するため

内 容

工場にて屋内・屋外撮影。

記念式典用に、工場全体や工場内をドローンで撮影

屋内飛行は天井の高さ、障害物の多さなどで飛行ルートに影響が出ますが、工場に関してはドローン撮影に向いていますね。

障害物との距離感を掴みながら、よりスムーズに、より安定的に飛行(撮影)するのがポイントです。

食品工場の撮影

業 種

制作会社

撮影プラン

ショートプラン

目 的

工事の進行状況を記録するため

内 容

工場の全体像を撮影。

工事中の敷地の様子を定期的に記録するためにドローンで撮影

確実に敷地全体を映すために、事前に撮影ポイントからの距離感・高度など調整。

打ち合わせ段階から「どこからどこまでが映る」とイメージするのがポイントです。

あとがき

4月前半は桜関連の撮影をおこなっていましたが、桜の開花が遅れて厳しいスケジューリングでした。

ブログも意識的に書くようにして8記事くらい。週2回のペースですね。

時間が有るときに、いろんなドローン関連の話題を提供していきます。やっぱりテキスト化してアウトプットするのも楽しいですから。

上記の代表的な撮影事例と似たような撮影の企画など練っていましたら、どうぞご相談ください。

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#