トイドローンのバッテリーを安全に寿命を長持ちさせる方法とは?

トイドローンのバッテリーを安全に寿命を長持ちさせる方法とは?

こんにちは、株式会社ドローンエンタープライズ 代表の早川(@hayakawa_drone)です。

ドローンの飛行に重要なのがバッテリーです。

最近では小型化および高出力が可能になり、重量200g未満のトイドローンに多く使用されています。

主に「LiPoバッテリー(リポバッテリー)」という種類のバッテリーが使用されていますが、最悪のケースでは自然発火による火事をおこす危険性があります。

ただしくバッテリーを扱うことで、よりバッテリーを長持ちさせる

今回のブログでは

  • LiPoバッテリーの危険性
  • 取り扱う上での注意点
  • 安全な保管方法

を紹介します。

バッテリーの寿命を長持ちさせて、より多くの時間トイドローンで遊ぶ。トイドローンを購入した後に、ぜひ実行してみてくださいね。

LiPoバッテリーの危険性とは?

多くのトイドローンで使用されているLiPoバッテリーですが、とある特性上、危険性があります。

それは発火です。

強い衝撃を与えたり、ショートさせたり、高温化させたりすると、LiPoバッテリーは発火します。ときには爆発の恐れもあります。

少しだけ想像してみてください。

ご自宅にあるバッテリーが急に発火して、家が火事になる…。発火原因がドローンのバッテリーだと知ったらビビりますよね。

以前にもブログにしたのですが…

fnn_tokyoFNN「リチウムイオン電池の火災急増 東京消防庁が注意呼びかけ」より

ちょっと画像が分かりづらいかもしれませんが、ドローンのバッテリーが発火しています。

通常とは異なる高電圧の充電器で充電 → リチウムイオン電池がみるみるうちに膨張 → 発火 という流れです。

ここで覚えておきたいのは、取り扱いを間違えるとバッテリーが発火するということです。

取り扱う上での注意点

発火させないために、いくつか注意点があります。

「確かにそうだな…」と思うものもあれば、「え、そうなんだ」と驚くこともありますね。すべてを覚えるのは大変なので、日常生活で起こりやすいのを記載します。

  • 指定の充電器でバッテリーを充電する(どうにかなるんじゃねーか、と思わない)
  • バッテリーを分解しない(ハサミを使って中身を見ようとしない)
  • バッテリーに強い衝撃を与えない(八つ当たりしない)
  • 高温な場所に放置しない(夏場のクルマに放置すると炎上する)
  • 水に濡らさない・水没させない(雨が降っていたら飛行させない)
  • 変形や膨らみがあったら使用しない(俗に言うバッテリーが妊娠してます…)

他にもいろいろと注意点はありますが、大まかに上記の5つくらいが重要な取り扱い方法です。

特に気をつけなければならないのが高温な場所での保管です。

  • 夏場の締め切った部屋の中
  • 夏場のクルマの中
  • 直射日光が当たる場所

バッテリーの寿命が短くなるだけならいいのですが、最悪のケースは自然発火します。

夏場は冷暗所にソッと置いておきましょう。

LiPoバッテリーの安全な保管方法

満充電して保管しない、容量50%くらいで保管する

トイドローンで遊びきった後、「次のために充電しておこう」というのはNGです。

満タンにして長期保管(2週間以上)してはいけません。

保管するときは満タンにした状態で、3.4分くらい飛行させてバッテリーを使用して、おおよそ50%前後まで使ってから保管しましょう。

ざっくりとした理由ですが…

バッテリー

逃げ場を作っておいてあげましょう、ということです。

防炎セーフティーバッグに入れて保管する

防炎セーフティーバッグ

LiPoバッテリー専用の防炎セーフティーバッグが数百円で販売しています。

バッテリーを丸裸で保管しておくよりは、こういった難燃性素材のセーフティーバッグに入れておけば、もしものときでも被害は軽減されます。

私もトイドローンのバッテリーは、気休めかもしれませんがすべてこのケースの中にしまっています。

LiPoバッテリーを破棄する場合には?

もしバッテリーが膨らんでしまったり、水没させてしまったり、異臭がしたりしたら、バッテリーを破棄しましょう。

そのままゴミ箱にポイッと捨てると、最悪のケースはゴミ収集車が炎上します。

「え!そんなことあるの?」と思うかもしれませんが、前述したとおり、強い衝撃をあたえるとバッテリーは発火します。ゴミ収集車の内部で圧縮されてショート、発熱・発火するわけです。

もしバッテリーを破棄する場合には、

  1. ペットボトルの中に5%くらいの食塩水を用意する
  2. バッテリーを24時間入れて取り出す
  3. 自治体の指定の方法でゴミに出す

上記の3ステップで発火せずにごみ処理ができます。楽勝ですね。

あとがき

最近はトイドローンの手軽に購入できるようになりました。

それに伴って、バッテリーの扱い方も周知しなければならないと感じています。

バッテリーと聞くと難しい話に聞こえてしまうかもしれませんが、一般的な取り扱い方法を守れば、発火することはありません。

衝撃、高温、水没。この3つの注意はしっかり守ってくださいね。

当ブログの人気記事
初心者向け → ドローンを趣味で始める!200g未満ドローン、1万円以下のおすすめランキング
中級者向け → なぜ私がDJIストアで購入するのか?あなたが安心する6つの理由。
上級者向け → ドローン操縦士は儲かる?需要は?夢見る”甘いビジネス”ではない理由。

Profile

How about others?

#