【HS110Dレビュー】小型でパワフル!屋外で遊べるコスパの良いトイドローン

【HS110Dレビュー】小型でパワフル!屋外で遊べるコスパの良いトイドローン

こんにちは、株式会社ドローンエンタープライズ 代表の早川です。

トイドローンは年々とバージョンアップを繰り返して、高性能になり、安価になりつつあります。

2020年5月に新登場した「HS110D」もそのひとつ。

航空法の適用外である149g、小型ながらパワフルな飛行能力、そしてお手頃価格。

「屋外でトイドローンを飛ばしたい」そのようなニーズにピッタリです。

今回のブログ記事では…

  • HS110Dの商品レビュー
  • 実際に飛行した印象、メリット&デメリット
  • どういうひとが買うといいのか

この3点を中心に「HS110Dの実機レビュー」を情報シェアしますね。

簡単操作で気軽に遊びたい、そのようなコスパの良い、そしてかっこいいトイドローンですよ。

小型でパワフル!屋外で遊べるコスパの良いトイドローン

今回レビューする「HS110D」の特徴は「小型なのにパワフル、屋外で遊べるトイドローン」です。

たくさんのトイドローンが発売していますが、月日が経てば立つほどトイドローンも進化していくのは当然のこと。

「HS110D」は2020年5月に発売され、以前のトイドローンよりもバージョンアップしました。

  • 小型ながらパワフルな飛行能力
  • バッテリー容量の大きくなり飛行時間10分×標準2個付き
  • 簡単操作で子供から大人まで遊べる
  • 7000円強で購入できるお手頃価格

「屋外でトイドローンを飛ばしたい」にしっかりと応えてくれるトイドローンです。

ブラックでかっこいいフォルムのHS110D

では、さっそく「HS110D」の実機レビューをしますね。

やや大きめの外箱

外箱

これがHS110Dの外箱。

写真では伝わりにくいですが、簡単な手持バックくらいの大きさです。

重量

外箱に記載のある重量は149g

航空法の対象は200g以上のため、このHS110Dは法律の対象外ですね。

中身

外箱を開いてみると、中身は透明のプラスチックでカバーされています。

最近は専用ケースが入っていることが多いですが、このHS110Dはひとまわり大きいため、専用ケースを作らなかったのだと思います。

専用ケースではなくても、持ち運びは外箱のままでも十分なので問題ないですね。

ブラックなフォルムがカッコいい本体

HS110D本体

オールブラックな配色、そしてドローンっぽいフォルムはかっこいいですね。

手で持ってみると両手よりも大きいサイズ。

とは言っても、トイドローンの中ではやや小ぶりな印象です。もうひとまわり大きいトイドローンもありますからね。

カメラは固定

カメラがついており、120度の広角カメラ、フルHD動画が撮れます。

このHS110Dは本体に固定されているため、例えば、指で上下に動かしてアングル変更はできません。逆に言えば、しっかり固定されているので壊れにくそうですね。

カメラの裏側

背面を見てみると…カメラの反対側にはmicroSDの挿入口があります。

microSDは別途のため用意が必要なので、撮影もしたい場合には準備しておきましょう。

プロペラ

プロペラとモーター。下側にLEDランプがついていて、飛行時に点灯するようになっていますね。

大きめで分かりやすいリモコン

リモコン

リモコンを持ってみると…通常のトイドローンよりかは大きめですね。

小学生以上だったら持てなくもない大きさですが、5歳くらいだと難しいかも。逆に、大人はホールド感あって、安定して持ちやすいです。

さらに、ステータスやスピードの表示があるため分かりやすいですね。

購入時のリモコン

外箱を開けたときには、リモコンには各操作方法が型紙に書いてあって、これは便利(笑。

電池

リモコンには単三電池が3つ必要です。

単三電池がないと飛ばせないので、事前に準備しておきましょう。

バッテリーは標準2個付き

バッテリー

専用バッテリーは2個付き

1本で約10分飛行できるため、合計20分の飛行が可能です。

カートリッジ式のバッテリーなので装着・脱着も簡単です。

充電

バッテリーの充電方法は、本体に接続して充電します。

付属のUSBケーブルを本体にさして、バッテリーを装着すれば自動的に充電が開始されます。

充電するときは、こうして本体を裏返しにすると、充電中ランプも見れるのでよいのですが、充電中は若干置き場に困りました(笑。

その他の付属品・マニュアル等

プロペラガード

今までの写真では本体にプロペラガードはつけてませんでしたが、実際にはプロペラガードは付属されています。

通常4つあれば十分なのですが、予備分として合計6つもありました。これはありがたい!

予備パーツ

予備パーツのプロペラやネジ、LEDカバーなどがまとめられて入っています。

「この袋の中身は予備ですよ」とひと目で分かるように別けられているのはいいですね。

日本語マニュアル

マニュアルは日本語。

図解で操作方法だったり、充電方法だったりが書いてあるので分かりやすいです。

HS110Dを実際に飛行させてみました

ここからが忖度なしのHS110Dのメリット・デメリットです。

(◎→◯→△で書きますね)

◎屋外でも飛べるパワフルさ

一昔前のトイドローンに比べて、ウィーンっとプロペラを回転させて、しっかりと飛行してくれます。

パワフルさがあって多少の風でも負けずに飛んでくれます。実際に風速1~2mくらいなら、まったく問題ありませんね。

ただGPS機能は入っていないため、システム的な飛行補佐はありません。リモコン操作はしっかりと覚えておきましょう。

◯操作がカンタン

最近は複雑な機能がついたトイドローンが増えてきていますが、このHS110Dはシンプルに作られているため、飛行する準備から飛行~離陸までがカンタンです。

たとえば、GPS機能がついたトイドローンは、その機能があるがゆえに飛行前に各手順を踏んだり、センサーを初期化したり、なかなか手間がかかる場合があります。

GPS機能は、リモコン操作を簡易的にしてくれる分、慣れないと飛行すらできない場合もあるんですよね。

地面においてパッと飛行させる、直感的に遊べる。これは子供から大人まで実感できるメリットだと思います。

◯お手頃価格で購入できる

ぶっちゃけ、安いです。

今まで、このくらいのトイドローンなら1万~1万3000円くらいで売られていました。

バッテリーが2個ついて、しかも屋外でも飛行できるパワフルさがあって、簡易的ながらもカメラがついていて。

さらに(このブログでは書いてませんが)、スマートフォンで操縦できたり、スマートフォンでリアルタイムな映像が見れたり。

トイドローンとして十分すぎる機能がついているのにも関わらず、7000円強で購入できてしまうのはコストパフォーマンスが良すぎです。

△部屋で飛行させるのは難点、屋外で飛行させるのがベター

本体は30cm×30cmの大きさで小型なのですが、とは言ってもプロペラの回転はパワフルです。

部屋の中で飛行させるのは、ちょっと危険な気がしますね。20畳くらいあるリビングならOKだと思いますが、例えば6畳の部屋では初心者は飛ばせないです。

あくまで屋外で飛行させるトイドローンとしての認識が必要ですね。

△外箱がやや大きいため、収納しにくい

やっぱり外箱が大きいです。

最近のトイドローンは、折りたたみ式だったり、小型だったり、専用ケースがあったりして、ケース自体が結構小さいんですよね。

外箱がやや大きくて、部屋の中で収納するときにかさばりますね。他のトイドローンを持っている方からすると、ちょっと気になるかも。

とは言っても、専用ケースを標準で付属させてしまうとコストアップするため、この外箱でコストと両立していると思います。

簡単操作で気軽に遊びたいならHS110D

総評です。

「1万円を超えない価格で、屋外でトイドローンを遊びたい」という方には、HS110Dはコストパフォーマンスも良いので満足すると思います。

  • 小型ながらパワフルな飛行能力
  • バッテリー容量の大きくなり飛行時間10分×標準2個付き
  • 簡単操作で子供から大人まで遊べる
  • 7000円強で購入できるお手頃価格

HS110Dは部屋では遊びづらいものの、屋外ならトイドローンとして気軽に楽しめます。

きっとHS110Dで満足できる方は…

  • 小さいトイドローンを持っているけど、パワーが無いから屋外で飛ばせない
  • 初心者なので1万円以上のトイドローンをいきなり買うのは気が引ける
  • 数年前にトイドローンを買ったけど、新しいのを買いたい

こういう方にはHS110Dはぴったりですね。

逆にHS110Dにはできないことも当然あって、それを望む方には別のトイドローンを買ったほうが満足度は高いと思います。

例えば「部屋の中でたくさん遊びたい…」なら「HS370」がオススメです。

⇒参考記事:【HS370レビュー】コンパクトサイズで安定性抜群、購入1台目に選びたいトイドローン

また、1万円以上を払えるのなら、1万5000円くらいしますがGPS付きの「HS165」がもっと屋外で遊べますね。

⇒参考記事:【HS165レビュー】待ち焦がれていた 200g未満・GPS・折りたたみドローン

あとがき

2~3年前にくらべると本当にリーズナブルになりました。1万~1万3000円くらいで買っていましたから。

部屋用トイドローンは小さすぎるから欲しくない、ただ1万円以上は払えない。という場合には、HS110Dはよい立ち位置ですね。

Profile

How about others?

#