ごあいさつ

はじめまして、ドローンカメラマンの早川です。

当WEBサイトをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

身近になりつつあるドローン撮影、そして株式会社ドローンエンタープライズについて、より深くご理解いただくために、私の抱く想い」、そして私が「クライアントに選ばれる理由」を綴らせていただきます。

提供するのは”スマートでハイパフォーマンス”なドローン撮影です

sea_simple

近年ドローンが著しく普及し、ドローン撮影も身近になってきました。

インパクトのある映像として利用したり、広告写真として利用したり、用途は多岐にわたります。

しかし多くのお客様は感じるのは「初めてだから分からない」ということです。

  • ドローン撮影でどこまでできるのか分からない
  • どのくらいの費用がかかるのか分からない
  • クオリティの差が分からない

この3つがクリアにならないと、ドローン撮影に踏み切るのは少々不安なのは当然だと思います。

お客様にとって必要なもの。それは「わかりやすさ」と「パフォーマンス」を兼ねたサービスだと考えています。

スマートなサービス提供

空撮と聞くと「なんだか難しそう」「準備が大変そう」とマイナスのイメージを抱かれると思います。

ドローンでの空撮自体もまだ歴史は浅いと言っても仕方ありません。

私自身はドローン専門にて業務を請け負っています。そのためテレビ・広告・WEB・イベント・販促の撮影などPRジャンルにて年間200案件以上の撮影にお伺いしています。

「ドローンならではの魅せ方」「ドローンで出来ること」「法律に遵守した安全な実施」などはじめてのドローン撮影が成功するよう豊富な経験を用いる

さらに必要十分な性能を持ったドローンを使用して、できる限りコストを下げる。過多なサービスを提供してコストアップをしない。

PR(パブリック・リレーションズ)に特化したドローン専門撮影業を貫いているからこそ、技術×経験を余すことなくご提供できます。

シンプルな料金体系

ドローン撮影に欠かせないのは、分かりやすい料金体系です。

  • 理解しにくい料金項目が並べてあり、トータルの金額が不明瞭…
  • 「◯◯円~」と値幅があいまいで、高額料金をふっかけられるのでは?という不安感…

クライアント目線に立つと、気軽に見積をとることすら抵抗があるはずです。

私自身もクリエイターとして依頼する立場にあった頃、「結局トータルでいくらかかるの?」「わかりにくいな…でも問合せもしにくいな」と感じていました。

クライアントにとって料金こそ知りたい情報の1つです。

サービス内容やワークフローを合理的にシンプルにすることでコストを抑えて徹底的なスキームの構築する。わかりやすさを優先する。その上で、撮影費用をスリープライスにいたしました。

必要なボリュームに合わせて選べる。依頼しやすい安心できる料金設定である。

私が元クリエイターだからこそ実現したかった「わかりやすい適正価格」です。

ハイパフォーマンスな品質

これまで映画・テレビ・MV・企業動画など数え切れないほど撮影をおこなってきました。

撮影というクリエイティブな作業は「ただ撮る」ではなく「魅せるために撮る」が必要不可欠なのははご存知のとおりです。

ドローンは3次元の空間を利用します。さらに今まで見たことがない空からの撮影するドローンなら尚更です。

ドローンを操るテクニックは当然のこと、同時に「気持ちいい画」を創らなければ価値はありません

映画・テレビ等で撮影してきたドローンならではの撮影技法。培われてきたクリエイティブな視点。見るものを心踊らせる魅せ方。

ただ撮るドローン撮影ではなく、ハイパフォーマンスな高品質なドローン撮影を皆様に提供いたします。

クリエイター×ドローンの組み合わせで生まれるもの

note_simple

私は今までクリエイターとしてWEBや紙媒体、広告などの制作業務を行なってきました。その数、300以上を超える集客支援です。

企画からデザイン・ライティング・カメラ撮影など多岐にわたる制作業務に10年以上従事。その中で大切にしていたものが1つ・・・

「どのようにすれば、エンドユーザーの心に響くのか?」という視点です。

この感性は(自分で言うのもおかしいですが)、やはり経験値を積み上げた者でなければ持てません。

ただ単純に撮影するだけなら誰でもできます。

しかし、ただ撮影されただけのものに、人の心を揺さぶる力はやどりません。

クリエイターとして培った『どう魅せるか』『どのように撮影すればクライアントの求める結果を最大限に引き出せるか』といった視点こそが、ドローンの持つ能力と可能性を、最大限に引き出すのです。

おかげさまで、ドラマやPV、CM撮影から、イベント撮影、宣伝用PR撮影、眺望撮影など幅広いドローン撮影のご依頼を頂いております。

制作会社からのご依頼であれば、担当の方の気持ちや要望、思い描く見せ方に、いち早く理解を示せるという強みがあります。

一般企業、及び個人様からのご依頼であれば、どのような見せ方をしていくか、効果的であるかを、クリエイター目線でご提案していく事が可能です。

最後に。想いは、ワクワク感を広げること。

ドローンというツールが撮影した動画や静止画を通じて、心を動かされる。そして、反響として結果が残る。

エンドユーザー(=一般使用者)、クライアントはもちろんのこと、ドローンが生み出す「まだ出会えていないワクワク感」を、より多くの人々へと広げていく。

それが私の掲げるミッションです。

新しい感動と躍動を創りたいとお考えの皆様のお力になれれば幸いです。

 


株式会社ドローンエンタープライズ   /  代表取締役 早川晋平

ドラマ、音楽PV(ミュージックビデオ)、大手企業CM、テレビ番組など撮影実績。その他に観光協会のイベント、新聞広告、マンション眺望、ゴルフ場、病院、道の駅や仏寺、マリンスポーツなどのドローン撮影実績。

 

下のようなブログも書いています。