ドローン飛行していると100回以上聞かれる同じ質問をキレイに答える方法。

ドローン飛行していると100回以上聞かれる同じ質問をキレイに答える方法。

こんにちは、ドローンパイロットの早川です。

ドローンを飛行していると、ほぼ間違いなく質問されます

眼の前でドローンが飛んでいたら興味が湧いてしまって、もう質問したくなるのは仕方ありません。私だって逆の立場なら聞いちゃいます。

今回のブログ記事は…

  • 必ず聞かれる質問をキレイに返答する回答例
  • 操縦していたとしても気持ち良く対応する心構え

を紹介します。

私はすでに100回以上、同じ質問をされました。数多くの経験から基づく、DJIドローンでの最適な回答例を書きますね。

ドローンについての質問、および最適な回答例

ドローンを飛行させていると必ず聞かれる質問パターンがあります。

同じ質問を100回以上回答してきたポイントとしては、質問に対してサクッと的確に答え、深入りをしないような適度な回答をすると、お互いにハッピーであることが多いです。

ダラダラと回答するのではなく、専門用語を使うわけではなく、質問攻めで合うのではなく。同じモノサシを持っている「数値」で答えていくと理解しやすいですね。

「それって、ドローンですか?」

そうです、ドローンです。

これは小さめのドローンで、もっと大きな直径2mくらいのドローンもありますよ。

「いくらするんですか?」

ざっくりとですが、20万円~100万円くらいです。

ホビー用で5万円~10万円くらいのもありますが、全般的に高いですよ。アクセサリとかバッテリーとかを揃えていくと、もっと費用がかかります。

おもちゃのドローンならアマゾンで5000円~1万円くらいで買えますよ。

「何分くらい飛行できるんですか?」

ドローンの機種にもよりますが、1つのバッテリーで25分くらいです。

そんなに長くは飛行できないんですよ。

「どのくらいの飛行できるんですか?」

機体の能力としては、4~5kmくらい先まで飛行できます。

ただ日本の法律では「目視の範囲内」となっていますので、視力が良くても400mくらいですね。

「どのくらい高くまで飛行できるんですか?」

機体の能力としては、500mまで上昇できます。東京タワーよりも、もっと上ですね。

ただ日本の法律では「150m未満まで」になってます。それでも50階建てのタワーマンションに匹敵する高さですね。

「スピードはどのくらい出るのですか?」

時速50km/hくらいは出ますよ。

もっとパワーのあるドローンなら時速80km/hくらいですね。

「カメラって付いてるんですか?」

ええ、ドローンについていますよ。

動画や静止画を撮れます。

「どこで飛行できますか?」

地方の周辺になにもないような海辺や河川敷だったらドローンを飛行できますよ。

ただ法律の対象となっているので、エリアや飛行方法に制限があるから、気をつけないといけませんよ。

「ドローンって簡単ですか?私もできますか?」

いきなりは難しいと思います。

まずはアマゾンで5000円~1万円くらいでおもちゃのドローンが買えますので、試してみるといいですよ。

「そうなんですね、ありがとうございました」

こちらこそ、ドローンに興味を持ってくださってありがとうございます。

気持ち良く対応することでトラブルが激減する

ドローンを飛行させていていて聞かれるのは、上記の8個くらいの質問でしょうか。(たぶん、これ以上の質問は出てこないです)

この質問をほぼ同じように100回以上回答してきました。

ドローンをセッティングしているとき、ドローンを飛行しているとき、ドローンを片付けているとき…。一般の方や関係者、クライアントも含めて声をかけられるんですよね。

そして質問されているのに「何も答えない」というのは良くありません。「聞いているのに、なんだよ!?」と思われてしまいます。

たとえ飛行させているときでも、すでに来るであろう質問の回答を頭の中に入れておけば、そもそも問題ありません。躊躇なく、その場で回答できます。

何も答えないよりかは、パッと即答できるほうが、質問した人もありがたく感じてもらえますからね。

(絶対的に集中力が必要なときは「ちょっと待ってください、いま大切なところなので後でお答えします」といえば納得してもらえます)

逆に質問者に対して「邪魔だな」という態度をとってしまったら、それこそトラブルの火種になりかねません。最悪の場合は警察沙汰まで発展することも無きにしもあらずです。

気持ち良く対応する。同じ質問を100回以上聞かれたとしても、気持ち良く対応する。

「ドローンってそうなんだね、ありがとう」

そう言ってもらえたほうが、お互いにいいですよね。

あとがき

一般の方にとって、ドローンを操縦する側は先駆者でもあるので、フレンドリーにいきたいですね。

数年前、ドローンは悪しき者として扱われました。今では多くの人に好印象を持たれるようになってきています。

より多くの人にドローンに親しみを持ってもらうことが、今度のドローンの行方にも影響されると思います。

当ブログの人気記事
初心者向け → ドローンを趣味で始める!200g未満ドローン、1万円以下のおすすめランキング
中級者向け → なぜ私がDJIストアで購入するのか?あなたが安心する6つの理由。
上級者向け → ドローン操縦士は儲かる?需要は?夢見る”甘いビジネス”ではない理由。

Profile

How about others?

#