ドローンのモニターはどうする?タブレットならiPadが良い理由は?

ドローンのモニターはどうする?タブレットならiPadが良い理由は?

こんにちは、株式会社ドローンエンタープライズ 代表の早川です。

ドローン(Mavicなど)を購入する時に欠かせないのが、モニター代わりになるタブレットやスマートフォン

「できるだけ大きな画面で見たい」

そう思ったときに悩んでしまうのは「どれにすればいいのか?」が分からないこと。

今回のブログ記事では…

  • タブレットを使用すると便利になる理由
  • アプリの安定性なら絶対的にiOSである
  • 中古で安価に、安全にiPadを手に入れる方法

の3つを中心に「ドローンのモニターはiPadが良い理由」について説明していきます。

Mavicシリーズだとしてもタブレットのほうが幸せになりますね。

ドローンのモニターはどうすればいい?

最初に結論を書いていきます。

モニター代わりに使用するのなら「iPad」の一択です。

  • 画面が大きくて見やすい
  • DjiGoなどのアプリが安定している
  • タブレットとして汎用性が高い

iPadを購入してモニターにすれば満足度は高くなるはずです。

さらに購入するのなら、わざわざ高額な新品iPadを用意するのではなく、中古の優良品を購入したほうがコストパフォーマンス抜群です。

「では、どこで買えばいいのか?」の回答はネットで大量在庫があって、安価・中古保証のあるイシオスです。

下手なものを掴ませられるヤフオクで買わないほうが無難です。

では、順序を追って説明していきます。

タブレットを使用すると便利になる理由

DJIのドローンを飛行しようとする時、普段使用しているスマートフォンを利用する方が多いかもしれません。

「画面が小さくて見にくいなぁ」

そんな不満を抱えてしまうのも事実です。多少の荷物にはなりますが、モニター代わりとしてドローン専用のタブレットを用意すると圧倒的に便利になります。

まずはその理由を3つ説明します。

理由1:液晶の大きさ

まず第一に、画面の大きさは重要です。

フライト時を見ると画面を見ると分かると思いますが、画面上で様々な設定ができます。

離陸やゴーホーム、画質の調整、Phantomのフライト設定などなど。とにかくボタンがたくさんあります。

スマートフォンの5インチほどの小さい画面ですべてを操作するとなるとシンドくなっちゃいます

飛行前に設定しようよしても、小さい画面上では何がなんだか分からなくなり悲しくなりますよね。スマートフォンは選択肢から外したほうがベターですね。

例えばiPhoneを利用していて、そのまま流用したい気持ちもわかりますが、タブレットの購入を視野に入れるのがベターです。

大きなタブレットを導入すると見やすくなるメリットはありますが、デメリットは、モニター+リモコンで重たくなります。

このあたりはトレードオフですね。

理由2:液晶の解像度

次に重要になってくるのが解像度です。

解像度とは、簡単に言うとどれだけ細かく鮮明に表示できるか、ということです。どんなに大きな液晶だとしても、解像度が低ければ、鮮明に写らずにボヤケてしまいます。

これはタブレットでも同じ。一般的な格安タブレットの場合1280×800ですが、この数値よりも大きければ大きいほど優れているといえますね。

1920×1200や2048×1536といった解像度を選んだほうが見やすいです。

フライト中に映像を確認するとき、ぼんやりと映しだされているタブレット、鮮明にくっきりと映し出されているタブレット、どちらのほうがストレスがないと思いますか?

理由3:アクセサリで取付可能

Mavicのような小型なリモコンは、スマートフォンを取り付けできるようになっています。

「タブレットを買っても、取り付けできないでしょ」

と思うかもしれませんが、タブレットをつけられるアクセサリーを購入すれば、Mavicなどでもタブレットを使用できます。

折りたたみの携帯性、軽量アルミニウム製で頑丈。

どのようなDJIドローンでもタブレットを装着可能になります。

タブレットを購入するのならiOSの中古iPad

ipad

「どんなタブレットでもいいのか?」

と思って、Androidのタブレットを購入してしまうのはオススメしません。

理由は DJI Goアプリの安定性です。

iOS版のDJI Go は安定している

私は今までNexus7(Android)を使用していてまったく不満もありませんでした。

しかし問題が1点。

DJI GO というアプリの安定性が、Android版だと不安定極まりなくなったのです。

  • とにかく重い
  • 飛行中にアプリが落ちる

この現象はアプリのレビューでも声が上がっており、実務で使用するには限界に。

iOSのDJI GOアプリは安定性もあり落ちることもなく、完成度も高いです。滑らかに動いてくれるイメージです。

モニターとして使用するなら新品で購入する必要はない

これはちょっとした提案なのですが、もしフライトするだけのモニターとしてタブレットを購入するのなら、中古品でも良いのでは?という話です。

新品は確かにキレイです。またバッテリーも傷んでいないため、一般的に長持ちしやすいと言われています。

しかし、あくまでモニターとしてタブレットを使用する主目的なら、中古でも充分に代用できてしまいます

  • 中古だと画面にキズがいついているかもしれない!?
  • 落としキズでタブレットの縁が凹んでいるかもしれない!?

でも、フライトするときには外の環境下で利用します。キズも凹みもまったく気にならなく、ただ鮮明に写してくれれば目的を果たしますよね。

新品で購入したとしても、外で利用すれば汚れやすくなりますし、落とす可能性もあります。結局は傷がついてしまうことも・・・。

それなら安価な中古でもいいですよね。

iPadを購入するならイシオス

「どこでiPadを買えばいいの?」と思いますよね。

型落ちのiPadは安いのですが、希望のものがあるかどうかは品揃え次第…というのは避けたいもの。

  • 安心できる
  • 在庫がたくさんある
  • 中古でも使用ランクで選べる

という点で、専門ショップのイシオスが圧倒的に便利です。

購入するのならアプリもカクカクせずに動かないために

  • 「iPad 第5世代(2017)」以降
  • 「Bランク」以上
  • 「wifi」対応(予算と回線があればsimでも)

で選びぶのが無難ですね。

わずか2~3万円程度で「大きめのモニタをゲットする」という要望を叶えられます。

あとがき

あくまでメインはドローン機体です。モニターとして利用するタブレットは予備品。そこにはお金は掛けすぎないようにしたいですよね。

安価に購入しつつ、満足行くサイズや性能を手に入れる。そんな購入方法はいかがでしょうか?

Profile

How about others?

#