目視外飛行による航空法違反の疑いで書類送検(ドローン初実例)

目視外飛行による航空法違反の疑いで書類送検(ドローン初実例)

こんにちは、ドローンカメラマンの早川です。

最近はドローン事故・違法等のニュースを多く目にするようになってきました。

警察でのまとめた数値によると、航空法関連で書類送検等になったのは36件とのこと。そのほとんどは人口集中地区での無許可飛行です。

今回、人口集中地区ではない、目視外飛行による無許可飛行で書類送検されました。

初実例ですので、(あんまり暗い話はしたくないですが)周知のためにブログにします。

SPONSOR

茨城県で目視外飛行をした29歳男性が書類送検

2017年3月17日のニュースからです。

書類送検されたのは、鹿嶋市宮中の29歳の作業員の男性です。

警察によりますと、この男性は去年12月20日、男性の自宅のある住宅街で国の許可を得ずに小型の無人機「ドローン」を飛行させたとして、航空法違反の疑いがもたれています。

(中略)

警察によりますと、この男性はドローンを目視できない範囲まで飛ばし、その後、墜落させたということで、警察は17日、男性の書類を水戸地方検察庁土浦支部に送りました。

調べに対し、男性は「ドローンを買ったばかりで早く飛ばしたかった」と容疑を認めているということです。

NHKニュース「買ったばかりのドローンを目視できない範囲まで飛ばし、その後墜落させた29歳を無許可飛行の疑いで検挙・鹿嶋」より

さっくりと要約すると

  • 「買ったばかりで早く飛ばしたかった」
  • 無許可で目視外飛行をしたら墜落した
  • 警察に調べられ、書類送検になった

飛行した場所は鹿嶋市の住宅地とのことですが、鹿嶋市のほぼ全域は人口集中地区ではない場所ですが、目視外飛行は違法行為です。

そこまでドローンの知識がない方が、いきなり目の見えないところまで遠くに飛行させ、なにかしらの影響で墜落する…

このニュースを目にした時、「あ~、今後幾度も同様のケースは出てくるんだろうな」と思いました。

目視外飛行は、周辺の障害物がわからなくなり、また操縦者とドローンとの位置関係や距離感など慣れがない限り、衝突もしくは墜落する危険性が格段に上昇します。

買ったばかりの方が、そのような行為を行った場合、90%は衝突・事故になるかと思われるレベルですね。(海外のyoutubeのドローン操縦の真似をして勘違いしている方もいそうです)

そもそも目視外飛行とは?

目視外飛行ってなんなの?と初めて聞く方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明すると。

通常は、ドローンは目視の範囲内で飛行させるのがルールになっています。つまり、

『目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること』

です。

しかし、この目視できない距離または環境によって、飛行させる場合には、国土交通省に技量やマニュアルなどを含めた申請をおこない、特別な条件下で飛行許可を受けられます。(※許可を受けるのは一般的に多くないため割愛します)

では、目視の範囲内というのは「どこまでなの?」というのは人それぞれです。

  • 操縦者の視力
  • 飛行時の環境
  • ドローンの大きさ など

さまざまな要因があり、50mの場合もあれば300mの場合もあります。

あくまで操縦者が「見えない」と感じたときは、すでに目視外飛行と言えるのです。

詳しい話は、別記事をご参照いただければ。

⇒参考:ドローンの「目視の範囲内」と「目視外」飛行は一般的にどこまでか?

日本では目視外飛行は違法行為

人口集中地区の無許可飛行に関しては、いくつもケースが出ているので認知度は上がっていますが、その他の「目視外飛行」や「人または物件から30m以内の飛行」等の違法飛行はまだまだ知られていません

今回の「目視外飛行」で書類送検されたように、れっきとした違法行為です。厳しく、罰金刑+前科が付きます。

⇒参考:ドローンで違法飛行したら罰金刑、その重さは?実際の金額は?

「クルマの路駐しちゃった」程度の感覚ではありません。軽率な行為は痛手を負います。

ドローンは法的にそれなりのリスクを背負っているもの、という認識は常に持つべきです。

あとがき

あんまり暗い話はしなくないのですが、こうした事件が増加すると、ドローンの規制が厳しくなって萎縮する可能性が高まるのは必然です。

それは残念すぎなので、正しい知識をより多くの方に認識してほしいと願うばかりです(だから、今回もブログにしているんです)

Profile

News letter

~メール限定!ドローン操縦士の事例話を配信中~
ドローンを知りたい初心者、制作会社の方へ!ドローンの知識習得・活用方法から撮影秘話までお届けします。

承認メールが届かない場合は、迷惑メールボックスをご確認下さい

SPONSOR

#