ドローン撮影業で天候不良のときは暇なのか?それとも忙しいのか?

ドローン撮影業で天候不良のときは暇なのか?それとも忙しいのか?

こんにちは、ドローンカメラマンの早川です。

「ドローンって天気に左右されますよね?天気が悪かったら暇しているのですか?」

そのようなご質問をいただくことが多いですね。確かに撮影業の場合は、天候によって稼働が変わってきます。

実際に撮影しないときには何をやっているの?と疑問を持たれても不思議ではありません。

そこで私の場合に限ってしまいますが、何をしているのかをブログ記事にしてみます。

結論から言うと「あまり暇はしてません」です。

ドローンを飛行できない状況は多くなりがち

地上のスチールカメラや動画撮影を一般的な撮影と考えると、そこまで天候に左右されることは多くはありません。

例えば、室内撮影の場合は天候はほとんど関係ありませんし、すでにスケジュールが決まっている撮影の場合は雨天でも敢行することもあります。

つまり、どのような天候状況においても「撮影ができる」というのが一般的な撮影業です。

しかしドローンに関しては、ガッツリと天候に左右されます。

例えば、ほんの少しでも雨が降っていたらその時点でドローンの飛行撮影は不可になり、強風が吹いていたらそれもまた飛行撮影は不可になります。

そもそものドローンが飛べないということは、それだけで撮影業としての稼働は減るわけですね。

肌感覚になりますが、一般的な地上撮影とドローン撮影の稼働率を比べると、一般的な地上撮影が100とするとドローン撮影は60くらいの稼働率だと思います。

天候に大きく影響を受けるため、やや特殊な撮影業といえます。

「稼働していないときは暇をしているのですか?」の返答

スケジューリングをしている中でも、前述のようにどうしてもドローン撮影ができない状況になることがあります。

「その時は暇をしているんですか?」と聞かれることがありますが、「いやいや、実はやることは多々あるんですよ」と私は返答しています。

他の方はどうだかは存じていませんが、私の場合に何をしているのかをご紹介しますね。

頂いているメール返信

普段からできる限り即メール返信をおこなっていますが、少し長めの文章が必要な場合はメール返信に時間をかけています

ドローンは撮影するだけではなく、その前段階の調整に時間が多くの時間をかけます。メールや電話等が大きく占めるかもしれません。

ちなみにメール返信は1日平均10~20通くらい。外出しているときも、オフィスワークしているときも、欠かさず返信するようにしています。

動画編集や画像加工

撮影に付随する動画編集や画像加工です。

自分自身が撮った撮影データをそのまま渡すだけではなく、動画編集をしたり、Photoshopで加工したりしています。

私自身がもともと制作マンだったスキルを生かせていると言えますね。

WEB制作や広告制作

割合はごく僅かですが、WEB制作や広告制作もおこなっています。

クライアントのご要望でWEBを新規立ち上げをしたり、マーケティングをしたり、紙媒体の制作をしたり。広告全般に携わることもあります。

私のWEBサイトを見ていただいて「同じようなのを作って欲しい」と言われることもあります…。

これもまた今までのスキルを活かした業務です。

ドローン飛行履歴の記載

ドローンならではになりますが、国土交通省からドローン飛行実績を記す約束になっており、時間が有るときに履歴を付けています。

飛行日時・飛行場所・飛行時間など10項目くらいあり、ひとつひとつ入力をおこなっています。

私の場合はグーグルのスプレッドシートに関数等を入れて、ある程度は自動入力できるようにしています。便利なツールがあるかもしれませんが、改正航空法がスタートしてからこの方法で履歴を作っているため、これで形ができていて結構スムーズです。

とは言っても、1.2ヶ月分が貯まってしまうと、履歴をつけるのに半日かかる場合があります(笑。

各種申請書の作成

国土交通省航空局への申請書はもとより、撮影場所の申請書作成もおこなっています。

申請代行としてご費用を頂いて、行政機関に申請書を提出したり、その修正や受け取りをしたり。時には2~3日がかりで申請関連をおこなっているモノもあります。

BtoBのビジネスのためコンプライアンスは必要不可欠です。

トイドローンでの飛行練習

「結構意外ですね」と言われるのですが、トイドローンで飛行練習もしています。

デスクワークの区切りのときに、ちょろっとトイドローンを出して室内で飛行させています。指先の細かい動きを慣れさせるには、やっぱりトイドローンです。

特に初期に発売されたトイドローンは不安定さ抜群のため、より操作精度が上がります(笑。

会計ソフトの管理

日々発生する会計業務は税理士に任せずに、自分自身でおこなっています。代表として会計をきちんと把握したいからです。

最近はクラウド会計が便利になって、この会計業務も容易になりましたし、特別な知識も必要ではないこともあります。分からない場合はスポットで税理士に聞いていますが、それでもスムーズにできるようになりました。

領収書をスマートフォンで撮影すれば半自動入力され、請求書は自動的に発行され、銀行との連動で打ち消しも自動でおこなってくれます。

本当にありがたい時代です。

ブログの新規投稿・リライト

最近はブログが書けていなくて心苦しいのですが、できる限り新規投稿をおこなうようにしてます。(このブログ記事も、その1つですね)

あとは過去に書いたブログ記事のリライトもおこなっています。情報が古くなってしまうため、新しい情報に書き換えたり、より分かりやすくするためにこっそりと内容を50%変えたりもしています。

以前からとある事情で税理士さんのブログを拝見しているのですが、毎日のようにブログ記事をアップしていて、意欲を喚起されるつつあります…。

読書

月に数冊は読んでいます。ジャンルはバラバラですが、広告関連とビジネス関連の書籍が多いです。

たまにですが書評的なブログ記事を書いていますね。

もともと広告マンなのでドローンのメカニック的な話よりも、広告的などう魅せていくのかの話に興味を持っていて、頭の中は広告脳。

ちなみに最近は星野リゾートの星野佳路さんの本を読んでいます。

映像鑑賞

常にインプットを増やすためにも、映像に触れるようにしています。

Amazonのプライム・ビデオは海外ドラマや映画が多数あるため、構図やワークの参考になりますね。自分の引き出しは多いに越したことはありませんから。

「バーフバリ前編・後編」や「Game of Thrones」は最近見てますね。

セミナー参加

これは「稼働していないとき」というわけではありませんが、月1回はセミナーに参加しています。

ジャンルはさまざま。Peatixというイベントサイトで、アトランダムで行っています。(無料イベントは参加してません)

過去に参加したのは、地方創生の話、中小企業と消費者のかかわり合いの話、チームで動く映像制作の話など。

新しい刺激を入れていくことで、視野を広げていきたいですね。展示会や展覧会も、日時が合えば外に出て見に行くようにしています。

「あまり暇にはしてません」

上記のように、たとえ雨が降ったとしても強風だったとしても、やらなくてはいけないことが多々あります。

「暇でしょ?」「いいえ、あまり暇にしてません」

そのようなやりとりが幾度があったため、ずらっと列挙してみました。

見返してみるとクライアントワークを中心にして、自己のスキルアップに時間的投資をおこなってます。

時間は有限です。

できる限り単純作業は効率化していき、クリエイティブな時間を有効活用していく。

ぼーっと時間を過ごしていたら、確かに暇にしているかもしれませんが、やっぱり時間は大切ですから。

暇かどうか、忙しいかどうかは自分の意志次第ですね。

あとがき

「暇ですか?」と聞かれるということは、雨が降ったら暇そうに見えてしまったのでしょうか…。

そう感じさせないような動き方を私がしないといけないですね。

▼こちらの記事も合わせてどうぞ
【これからドローンを始めるなら】初心者向き200g未満ドローン、1万円以下のおすすめランキング

Profile

How about others?

#